スマートフォンサイトはこちら

弁護士費用について

  • 3つのお約束
  • 債務整理の費用
  • 債務整理以外の費用

弁護士費用に関する3つのお約束

弁護士費用は『依頼内容に応じて明確に』設定しています。

 一般の方が「弁護士は敷居が高い」という印象を持たれる最大の理由は「弁護士費用が不明確」という点にあります。そこで,「身近な法律事務所」を目指す当事務所は,弁護士費用を『依頼内容に応じて明確に』設定することを第一に心がけています。

 債務整理では,債権者(お金を借りた相手)とのやり取り,債務額確定のための調査,過払い金返還交渉・訴訟,裁判所提出書類の作成,裁判所等への同行,和解交渉,合意書の作成等さまざまな手続が必要となります。そのため弁護士がそれらの手続をすべて担当すると,弁護士費用を高額に設定せざるを得ませんでした。

 当事務所では,このような債務整理の各手続を分業化し,弁護士だけでなく司法書士・事務職員が連携することにより,正確にかつ効率よく業務を処理できる体制を構築し,弁護士費用を依頼内容に応じて明確に設定できるよう従業員一同がさらなる工夫をしています。

費用は事前にお見積します。原則として追加費用はいただきません。

 債務整理では,多重債務に至った事情や所有している財産等の状況が異なれば,必要な手続もそれぞれ異なってしまいます。そのため,従来は必要となる弁護士費用を事前に明確にすることが困難であり,新たな手続が発生した場合には追加費用をいただかなければなりませんでした。実際に,ホームページ上では安い費用を掲げているにもかかわらず,依頼後にさまざまな名目で追加費用が発生し,最終的には高額な弁護士費用を請求されるといったケースも報告されています。

 当事務所では,債務整理の各手続を効率化するとともに,可能な限り処理方法を定型化し,分析することにより,弁護士費用を原則として一律に設定し,事前にお見積をしています。また,設定している弁護士費用には,通常債務整理に必要な手続の費用が含まれていますので,特別な事情がない限り,原則として追加費用はいただきません。

手続終了後でもご相談に費用はかかりません。

 手続が終了した後も,「手続が終了したのに,債権者から連絡がきた」,「引越しをしたいけど,大丈夫?」など当初は想定していなかった疑問がわくものです。当事務所では,手続中はもちろん,手続終了後も債務整理に関するご相談は何度でも無料でお引き受けしています。ちょっとした疑問でもお気軽にご相談ください。

 債務整理以外のご相談であっても,交通事故の被害,労働トラブル,離婚問題,刑事弁護のご相談は何度でも無料でお引き受けしています。

 上記でご案内している法律トラブル以外でも,あらゆる法律トラブルのご相談をお伺いしております。その場合は,30分4,980円の相談料をいただいております。あらかじめご了承ください。

ページトップへ

債務整理・借金について相談したい方はこちら

  • お電話でのお問い合わせ
    0120-316-742(ゼロイチニーゼロ サイム ナシニ)詳しくはこちら
  • インターネットでのお問い合わせ
    お問い合わせメールフォームからご入力ください

債務整理・借金返済に関する相談は何度でも無料。土日・祝日も夜10時まで相談可能です。

アディーレ法律事務所