ブラックリストに載るとは

クレジットカードの申込時に,審査が通らずカードが作れなかった
ショッピングローンを組みたいのに,審査が通らずローンを組めなかった

 このような経験をされた方,もしかしたらあなたの個人信用情報が信用情報機関に「事故情報」として登録されている可能性があります。

 過去に返済が3回以上滞ったり,長期延滞や債務整理の手続をしたことはありませんか? このように,「信頼を著しく損ねる契約不履行」があった場合,「信用情報機関」に登録されているあなたの個人信用情報に,特記事項として「事故情報」が登録されている可能性があります(俗にいう「ブラックリストに載っている」状況となっています)。

※「信用情報機関」についてはこちらをご覧ください。

事故情報の内容

  • 延滞――約定返済日より一定期間返済が遅れたり,3回以上滞った場合
  • 債務整理――民事再生,自己破産,任意整理などの手続をした場合
  • 代位弁済――契約者が返済不能に陥ったことにより,連帯保証人等からの弁済に切り替わった場合

ページトップへ

申込情報と閲覧情報

 「事故情報」として登録されていなくても,審査が通らない場合があります。
あなたが新規貸付の申込をすると,貸金業者は与信審査のためにあなたの個人信用情報を閲覧します。その際,その閲覧情報は新しい記録として記録されるのです。
これを「申込情報」と言いますが,この情報は6ヵ月間登録されます。
短期間に複数のクレジットカードの申請をすると(1ヵ月以内に3つ以上),たとえそうではなくても「借り回し」とみなされ,審査が通らない場合があります。通称「申込みブラック」ともいい,一定期間(3~6ヵ月程度)情報が残りますが,「事故情報」ではありません。

ページトップへ

信用情報機関の交流

 事故情報はひとつの信用情報機関だけで保有しているのではなく,過剰貸付防止などの目的で,機関同士が提携してCRIN(Credit Information Network)と称される情報交流を実施しています。
 たとえば全国銀行個人信用情報センターは,株式会社日本信用情報機構,株式会社シー・アイ・シーと契約しています。

債務整理・借金について相談したい方はこちら

  • お電話でのお問い合わせ
    0120-316-742(ゼロイチニーゼロ サイム ナシニ)詳しくはこちら
  • インターネットでのお問い合わせ
    お問い合わせメールフォームからご入力ください

債務整理・借金返済に関する相談は何度でも無料。土日・祝日も夜10時まで相談可能です。

アディーレ法律事務所