信用情報機関について

信用情報機関とは

 信用情報機関とは,信用情報の収集と提供を行う機関であり,クレジットカードの申請があった時,金融機関は他社での利用状況や事故情報(俗にいうブラックリスト)を調べることができます。
主に,「銀行」「消費者金融」「信販会社」などが加盟会員となっています。
なお,信用情報機関に登録される情報は下記に分かれます。

1.登録される利用者の個人情報

  • 氏名
  • 生年月日
  • 自宅住所・自宅電話番号
  • 勤務先名・勤務先住所・勤務先電話番号

2.登録される利用者の借入情報

  • 契約商品情報(契約先名称とその利用限度額など)
  • 契約日
  • 借入金額
  • 支払形態
  • 返済回数
  • 支払残高
  • 次回返済日

3.登録される利用者の事故情報もしくは異動情報 ※俗にいうブラックリスト

  • 長期延滞(主に3ヵ月以上)
  • 特定調停
  • 個人再生
  • 自己破産

など,契約通りの返済が不能となっている(なった)状態をいいます。

カードを作った場合,「信用情報機関」に情報登録されますが,収入に見合った借入と,返済を滞りなく行なっていれば全く問題ありません。

 なお,過去にクレジットカードを作ったことがない場合や,金融機関から融資を受けたことがない場合は,何も情報が登録されていません。
※クレジットカードを作ったが使ったことがない場合でも,情報は登録されます。

ページトップへ

信用情報機関の種類

 金融機関は,主に「銀行」「消費者金融」「信販会社」に分類されます。この業態により加盟する機関は異なります。
現在下記3機関があります。

上記のように業態により加盟する機関は異なりますが,多くの金融会社が複数の信用情報機関に加盟しています。
信販会社からキャッシングを断られても,消費者金融から借入ができることも過去にはありましたが,現在は複数加盟により,業態に関係なく情報交換がされているようです。

ページトップへ

キャッシングについて

債務整理・借金について相談したい方はこちら

  • お電話でのお問い合わせ
    0120-316-742(ゼロイチニーゼロ サイム ナシニ)詳しくはこちら
  • インターネットでのお問い合わせ
    お問い合わせメールフォームからご入力ください

債務整理・借金返済に関する相談は何度でも無料。土日・祝日も夜10時まで相談可能です。

アディーレ法律事務所