キャッシングに潜む罠(1)

「貸金業者から突然,一括返済を請求された」
「貸金業者から職場に何度も連絡をされ,仕事に支障が出た」
「DMに記載された電話に連絡したら,ヤミ金融からしつこく融資の勧誘を受けた」

 キャッシングで上記のようなトラブルが発生した時は,貸金業登録業者であれば,まずは財務局・各都道府県庁・貸金業協会へ,ヤミ金融などの違法業者の場合には警察・消費生活センターなどの機関に相談しましょう。
ひとりで悩まないことが大切です。


また,キャッシングするにあたっては,トラブルに遭わないように以下のことに気をつけましょう。

  • 本当に必要なお金(もの)ですか?
  • 毎月の返済は,お給料から十分可能ですか?(借入をせずに生活できますか?)
  • どのくらいの期間で返済することになりますか?
  • 支払わなければならない金利はトータルでいくらですか?
  • 借金を返済するために借金を重ねていませんか?
  • 借りようとしている貸金業者は,貸金業登録をしていますか?

ページトップへ

貸金業登録番号の照会

 貸金業法第3条では,貸金業を営もうとする者に対して,国もしくは都道府県知事への登録を要求しています。
これは,ヤミ金融などの違法な貸金業者による被害を防止するため,2006年12月13日の貸金業規制法改正により,貸金業登録の要件を厳格化したものです。

 しかし,ヤミ金融はDMなどに,貸金業登録をしていないにもかかわらず,貸金業登録をしているかのような記載をして,融資の勧誘を行っているのが実情です。
そのため,ヤミ金融などの違法業者の被害に遭わないためには,まず貸金業登録の照会を行うことをお勧めします。

貸金業登録番号の照会は,金融庁の「登録貸金業者情報検索サービス」で行うことが可能です。

ページトップへ

キャッシングについて

債務整理・借金について相談したい方はこちら

  • お電話でのお問い合わせ
    0120-316-742(ゼロイチニーゼロ サイム ナシニ)詳しくはこちら
  • インターネットでのお問い合わせ
    お問い合わせメールフォームからご入力ください

債務整理・借金返済に関する相談は何度でも無料。土日・祝日も夜10時まで相談可能です。

アディーレ法律事務所