キャッシングに潜む罠(2)

ヤミ金等の違法業者にご注意!

ヤミ金融・悪質業者にご注意

 ヤミ金融とは,主に,出資法の上限金利である年利20%以上の高金利で貸付を行う違法業者をいい,数100%超の高金利で貸付を行っています。

 ヤミ金融は,スポーツ新聞やダイレクトメール等で融資の勧誘を行い,多重債務者等に超高金利で貸付をし,滞納した場合には自宅・勤務先・親族等に非常に厳しい取立を行うのが特徴です。
ヤミ金融には,貸金業の無登録業者などの出資法・貸金業法違反の違法業者を広く含みます。

 年利20%以上で貸付を行うヤミ金融のほとんどは,弁護士が介入すれば取立が止まります。また,貸付行為自体が法律上無効ですので,一切返済する法的義務はありません(最高裁判所2006年3月7日判決参照)。
※ まれに弁護士介入後も取立が継続する場合がありますが,その場合には警察への被害届,刑事告発,民事訴訟により対応いたします。

 2008年6月10日の最高裁判所の判決においても,「著しく高利の貸付」を行った場合は,「元本の返済不要・損益相殺を許さず」という判決が出ています。しかしながら,具体的に何パーセントまでが「著しく高利」に当たるのかは残る課題となっています。

 「元本の返済不要」については「借りたもの(元本)は返すべき」という意見もありますが,この最高裁判決の直後,警視庁は「ヤミ金融事案の被害者対応マニュアル(4訂版)」において、最高裁判決に言及するとともに「借りたものは返すべきだ」「せめて元本くらいは返した方がよい」などの対応はしてはいけないという記述を書き加えています。

ヤミ金融・詐欺・架空請求被害は泣き寝入りさせません!

ページトップへ

キャッシングについて

債務整理・借金について相談したい方はこちら

  • お電話でのお問い合わせ
    0120-316-742(ゼロイチニーゼロ サイム ナシニ)詳しくはこちら
  • インターネットでのお問い合わせ
    お問い合わせメールフォームからご入力ください

債務整理・借金返済に関する相談は何度でも無料。土日・祝日も夜10時まで相談可能です。

アディーレ法律事務所