特設相談室設置のお知らせ

クレディア特設相談室設置のお知らせ

2007年9月14日、東証一部上場の中堅消費者金融、株式会社クレディアが東京地方裁判所へ民事再生法の適用を申請しました。その後、スポンサー企業の支援のもと、株式会社フロックスとして生まれ変わりましたが、2012年5月1日、再び株式会社クレディアに商号変更し、現在も経営を続けております。当事務所では、多重債務や借金問題でお悩みの方々の債務整理で培ったノウハウと経験を最大限に活かし、『クレディア特設相談室』を設置しております。

もちろん、通常の債務整理相談と同様に、ご相談は何度でも無料です。ご相談は、朝10時から夜10時まで、土日祝日も実施しております。

クレディア着手金無料サービスについて

クレディアに対する、任意整理案件の着手金については無料とするサービスを実施いたします。クレディアに対する着手金を無料とさせていただくことで、より多くの方が安心してご相談できる環境をご用意いたしました。

サービス概要

クレディアに対して、任意整理案件を依頼された方について、通常債権者1社に付き4万円(税込4万3,200円)の着手金を無料とさせていただきます。

対象者:クレディアに対する任意整理案件を依頼された方

  • ※依頼者のご事情により、任意整理案件に当てはまらない場合もございます。
  • ※過払い金が返還された際には、過払い金報酬金が別途かかります。詳細は弁護士費用のページをご覧ください。

民事再生手続の進捗状況

2008年9月17日に再生計画認可が確定し、現在は計画に基づいた弁済が実施されております。クレディアからのお借入や返済があった方は、再生計画に基づいた過払い金の弁済を受けられる可能性があります。再生計画では、2007年9月20日以前の取引で発生した過払い金について、原則として債権額の40%が支払われることになっております(30万円までの少額債権については全額)。また、4割に換算した結果、30万円に満たなかった場合は30万円を上限として支払われます。

通常、民事再生手続で債権届出をしなかった債権者は請求できませんが、クレディアの再生計画では、過払い金債権者について期限が過ぎて届出した場合でも請求が可能です。いまから請求する場合でも最終取引から10年が経過していなければ支払われます。「破綻した会社だから過払い金は戻ってこないだろう」「債権届を出していないから…」と諦めずに、お心あたりのある方は、お気軽にご相談ください。

2012.5.1
商号が株式会社フロックスから株式会社クレディアに変更されました。
2012.4.23
株式会社フロックスに吸収合併されました。
2008.9.17
再生計画認可(弁済率40%、30万円までの少額債権は全額など)が確定されました。
2007.9.21
民事再生手続開始が決定されました。
2007.9.14
株式会社クレディアが民事再生手続を申し立てました。

0120-316-742 朝10時~夜10時・土日祝日も受付中

債務整理に関するご相談は
何度でも無料です。
お気軽にお問い合わせください。

今すぐ電話で相談予約 0120-316-742