スマートフォンサイトはこちら

債務整理Q&A

裁判・強制執行についてのご質問

Q3.給料の差押とはどのような手続ですか?

 給料の差押等の強制執行をするためには,裁判所に訴訟を提起して判決を得るか,公正証書を作成し(判決や公正証書を「債務名義」といいます),裁判所に対して強制執行の申立を行う必要があります。

 裁判所に強制執行の申立を行う場合,貸金業者は強制執行の対象(例えば給料や預金)とその所在(例えば勤務先や銀行の支店名)を裁判所に申告しなければなりません。

 裁判所に強制執行の申立を行うと,裁判所は強制執行の要件を確認し,申告された強制執行の所在(これを「第三債務者」といいます)に差押命令を送付します。差押命令を受け取った第三債務者は,強制執行の対象の有無を確認し,裁判所に報告しなければなりません。
強制執行の対象が存在した場合,第三債務者は貸金業者に対して,支払いをすることになります。
 給料の場合,手取り額の4分の1(手取り額が44万円を超えるときは,手取り額から33万円を差し引いた額)が強制執行の対象となります。

ページトップへ

Q1.裁判所から訴状が届きました。どのようにすればよいですか?
数ヵ月間返済を延滞している場合には,貸金業者から訴訟を提起されることが・・・(続きを読む)
Q2.貸金業者から公正証書を作成するか,一括で返済するように請求されています。どうしたらよいですか?
公正証書とは,公証人が事実や権利関係などを証明する文書のことです。・・・(続きを読む)
Q4.給料の差押をされた場合にそのことが会社に知られてしまいますか?
貸金業者が裁判所に対して,強制執行の対象として給料債権を申告した場合・・・(続きを読む)
Q5.給料の差押をされそうですが,回避する方法はありませんか?
法律上,自己破産・民事再生の申し立て手続が開始された後は,強制執行・・・(続きを読む)

ページトップへ

債務整理・借金について相談したい方はこちら

  • お電話でのお問い合わせ
    0120-316-742(ゼロイチニーゼロ サイム ナシニ)詳しくはこちら
  • インターネットでのお問い合わせ
    お問い合わせメールフォームからご入力ください

債務整理・借金返済に関する相談は何度でも無料。土日・祝日も夜10時まで相談可能です。

アディーレ法律事務所