債務整理Q&A

その他のご質問

Q3.弁護士と司法書士では手続にどのような違いがありますか?

 債務整理や過払い金の請求における法律相談や交渉,裁判において,弁護士には制限がありませんが,司法書士には金額に制限があることが挙げられます。

 2003年の法改正以降,司法書士は140万円以下の借金についての交渉権と簡易裁判所の訴訟代理権が認められています。そのため,借金の金額が140万円以下の場合は,弁護士だけでなく,司法書士にも債務整理を依頼することができます。140万円以下とは,個別の債権額(借金および過払い金)が140万円以下の場合とされています。

 140万円以下の定義については,借金の総額をさしている場合や,過払い金請求で和解した後の返還額をさしている場合など,さまざまな解釈があり,これが混乱やトラブルの種にもなっていました。しかし,2016年6月27日,最高裁は司法書士の業務範囲について「個別の債権額(借金および過払い金)が140万円を超える場合は裁判外の和解を代理できない」という判断をし,司法書士の業務範囲に明確な基準ができました。

 そのため,個別の債権額(借金および過払い金)が140万円を超える場合では,司法書士には債務整理や過払い金の請求の交渉権はなく,弁護士に依頼することになります。

 さらに,司法書士の訴訟代理権は簡易裁判所のみに限られており,それ以外の裁判所(地方裁判所など)では弁護士のみに訴訟代理権が認められ,司法書士は訴訟代理人になることはできません。

 また,自己破産や民事再生は,地方裁判所に申立を行う必要があることから,司法書士には訴訟代理権がないため,弁護士に依頼した場合の【1】簡略された手続の利用や【2】裁判所に納付する予納金の低額化というメリットを利用することができません。

ページトップへ

Q1.消滅時効とはどのようなものですか?
消滅時効とは,債権者(お金を貸した人)が債務者(お金を借りた人)に対して・・・(続きを読む)
Q2.消滅時効はどのような場合に成立するのですか?
消滅時効が成立するためには,【1】時効中断事由がなく,法律で定められた・・・(続きを読む)
Q4.提携弁護士・司法書士とは何ですか?
提携弁護士・司法書士とは,ヤミ金業者を中心とする貸金業者やNPO法人・・・(続きを読む)

ページトップへ

債務整理・借金について相談したい方はこちら

  • お電話でのお問い合わせ
    0120-316-742(ゼロイチニーゼロ サイム ナシニ)詳しくはこちら
  • インターネットでのお問い合わせ
    お問い合わせメールフォームからご入力ください

債務整理・借金返済に関する相談は何度でも無料。土日・祝日も夜10時まで相談可能です。

アディーレ法律事務所