ご相談から受任までの流れ

ご相談・手続に必要な書類

ご相談時には、以下の書類等が必要です。資産(不動産・生命保険等)をお持ちの方、ヤミ金融よりお借入がある方はそれぞれの項目をご参照ください。ご不明な点があればお電話でご相談ください。

ご相談時に必要な書類等

身分証明書

運転免許証、保険証、パスポート等…いずれか1通をご持参ください。

※出張相談の場合は表裏両面のコピーをご持参ください。

債権者一覧表・(お持ちであれば)借入時の契約書や借入の明細

債権者に関してわかる範囲で結構ですのでまとめてきてください(どの会社からどのくらい借りてどのくらい返済したか)。もし、借入時の契約書や借入の明細があればそれらもお持ちください。以下の債権者一覧表をお使いいただくと相談やその後の手続がスムーズに進みますのでぜひ、ご利用ください。

※出張相談の場合は必ず以下の債権者一覧表と受付カードをご記入のうえ、ご持参ください。

お借入先のクレジットカード

すべてのクレジットカード。

※契約書類やクレジットカードを紛失してしまっている場合でも、手続は可能ですので、ご相談ください。

印鑑

契約(弁護士に依頼)する場合に必要です。シャチハタ以外であれば認印でも構いません。

※ご夫婦で依頼する場合はそれぞれ別の印鑑をご準備ください。

資産をお持ちの方のみ

ご相談時には、弁護士がご相談者にとって最適な方法をご提案させていただくために、資産状況をご申告いただいています。手続によっては以下の書類のご持参をお願いする場合があります。

※ご相談時に全て揃えられない場合はご予約時にご相談ください。

不動産の最新の登記簿謄本(不動産をお持ちの方)

不動産をお持ち、または以前お持ちだった場合はお近くの法務局(コンピューター化されていない場合は不動産所在地の法務局)で登記簿謄本を取得していただいたうえでご来所をお願いする場合があります。

解約返戻金の調査(生命保険に加入されている方)

積立式の生命保険に加入されている、またはされていた方は解約返戻金の調査のため、生命保険証書をお持ちいただいたり、保険会社に事前に調査をお願いしたりする場合があります。

退職金の額(現在お勤めで、お勤め先に退職金の制度がある方)

現在お勤めで、お勤め先に退職金の制度がある方については退職金見込額も資産になりますので、職務規定等で退職金の予想額の調査をお願いする場合があります。

ヤミ金融よりお借入がある方のみ

ヤミ金融よりお借入がある方は上記書類に加えて以下の書類をプリントしてご記入のうえ、ご持参ください。

ヤミ金融取引状況申告書

ヤミ金融よりお借入がある場合は、取引の状況等をできるだけ詳細に記入してください(わかる範囲で結構ですが、詳細に記入していただければ、相談やその後の手続がスムーズに進みます)。

※ご相談後に必要になる書類については、手続と依頼者の方の状況によって異なりますので、ご相談時にご案内します。

0120-316-742 朝10時~夜10時・土日祝日も受付中

債務整理に関するご相談は
何度でも無料です。
お気軽にお問い合わせください。