自己破産とは?

少額管財となるのは,どのような場合ですか?

少額管財となるのは,大きく分けて以下の2つの場合があります。

ひとつは,免責調査型と呼ばれるものです。ギャンブルや浪費などのために借入をし,形式的に免責不許可事由が存在するような場合に,免責が相当かどうかを調査する必要がある場合がこれにあたります。

他方は,資産調査型と呼ばれるものです。処分可能な財産があり,財産を処分して債権者へ配当する必要がある場合や,事業資金として借入をした場合がこれにあたります。

自己破産のよくある質問一覧に戻る

0120-316-742 朝10時~夜10時・土日祝日も受付中

債務整理に関するご相談は
何度でも無料です。
お気軽にお問い合わせください。