自己破産とは?

VOICE31相談前は、生活の維持どころか精神的にも参ってしまう状況でした

K・Iさん(沖縄県・男性・自己破産/少額管財)

多重債務に至ったご事情はどのようなものでしょうか。借入の金額はおいくらほどありましたか。また、それは何年くらい前のものでしたか。

平成6年に土地付き一戸建てを購入。
平成11年に協議離婚に至り、共有名義であった不動産の処分(支払不能状態)や事業(自営)の不振が重なり3千万円余の借入金がありました。

当事務所へご依頼いただく直前に滞納や取立てはございましたでしょうか。また、そのようなご事情がおありの場合には、具体的にどのような状況でしたでしょうか。

ひどい取立てはなかったものの、カード支払(キャッシング)の利息だけで月8万あり、住宅(月15万)と事業借入金(月4万)は滞納しており、このままでは生活の維持はおろか、精神的にも参ってしまう状況にありました。

相談にお越しいただいた際の当事務所や弁護士の印象はいかがでしたでしょうか。また、当事務所をお知りになったきっかけ・理由はどのようなものでしょうか。

相談へは沖縄支店へ伺いました。
対応は良かったです。
きっかけは、妻(平成15年に再婚)が過払い金請求を貴所へ依頼したことです。
当初は私も過払い金の請求をしようと相談に伺ったのですが、担当の先生がこのケースは破産をおすすめしますと申され、それにしたがいました。

当事務所へご依頼いただいた後は、これまでの生活と何か変化がございましたでしょうか。

長年月々に支払っていた何ヶ所かへの利息(合計7~8万円)を支払わずに済むようになり、経済的にも精神的にも楽になりました。

申立準備はいかがでしたでしょうか。(準備期間・事務員の対応・資料の収集で困難であったもの・その他お気づきになったこと等)

丁寧な説明、アドバイスでしたので特に困ったことはありませんでした。

免責審尋や債権者集会・管財人・個人再生委員との面接はいかがでしたでしょうか。

緊張いたしましたが、同席いただいた弁護士先生と会話をするうちに厳粛なれど緊張することなく事にのぞめました。

債務整理後から現在までの生活等はいかがでしょうか。

まだ、決定通知から2週間程なので実感はさほどありませんが、私が破産したことでこれから迷惑がかかるであろう数名の方々(元妻や叔父)のことを考えるとつらいです。

弁護士費用や裁判所への費用についてはどのようにご準備なされましたか。また費用額についてはどのような印象をお持ちになりましたか。

費用については60万程度かかると最初に伺い、分割でOK、しかも月々支払っていた利息の取り立てがなくなるから、そのお金を廻すことができるとのこと。本当に嬉しかったです。
又、カードの過払い金が判明したので、それを充当しますとの連絡をいただいたときには涙が出るくらい嬉しかったです。

以上のほか、債務整理手続や当事務所等についてお気づきの点がございましたら、何なりとお申し出ください。

本当に素晴らしい事務所だと思います。
もっと早く知っておれば…と思うくらいです。
自己管理の甘さが招いたこととはいえ、苦しい毎日でしたから…。
本当にありがとうございました。

自己破産相談者の声一覧に戻る

0120-316-742 朝10時~夜10時・土日祝日も受付中

債務整理に関するご相談は
何度でも無料です。
お気軽にお問い合わせください。