債務整理に関する基礎知識

ブラックリストを管理しているのは?

ブラックリストを管理しているのは?

「ブラックリスト」の登録・管理は、「信用情報機関」が行っています。信用情報機関の業務内容は、信用情報の収集および加盟団体への提供です。銀行やクレジットカード会社、消費者金融など、銀行業や貸金業を営む会社は、例えば銀行であれば全国銀行協会(全銀協)というように、各々業界団体を組織しています。信用情報機関はそれらが母体となって運営されています。業態により加盟する機関は異なりますが、多くの金融会社が複数の信用情報機関に加盟し、業態に関係なく情報交換がされているようです。

信用情報機関には、下記があります。

信用情報機関の種類
名称 加盟している金融機関
全国銀行個人信用情報センター(KSC) 銀行・信金・信組・農協系
株式会社 シー・アイ・シー(CIC) 信販会社系
株式会社日本信用情報機構 消費者金融系

では、「ブラックリスト」への登録プロセスを説明します。例えば、あなたがクレジットカードA社と新規契約や取引をした際、A社は加盟している「信用情報機関」にあなたの名前などの個人情報、借入情報などの情報を登録します。A社と同じ信用情報機関に加盟しているほかのクレジットカード会社でも、登録されたあなたの信用情報を確認することができます。

もし、あなたがA社での借入返済を数カ月滞ってしまった場合、その遅延情報が登録され、ほかのクレジットカード会社でもその遅延情報を閲覧できることになります。結果、B社で新規借入の申込をしても、A社での遅延情報が確認され、新規の取引ができない場合があるのです。

このように、同業間で顧客の情報を共有できる機関を「信用機関情報」といい、ここで登録されている遅延情報のようなマイナスの情報が「ブラックリスト」と呼ばれています。

0120-316-742 朝10時~夜10時・土日祝日も受付中

債務整理に関するご相談は
何度でも無料です。
お気軽にお問い合わせください。