過払い金・借金返済の相談はアディーレ法律事務所の弁護士へ

  • Call: 0120-316-742
  • メールはこちらから

過払い金・借金問題ならアディーレの無料相談!

0円何度でも無料!

  • 土日祝日も休まず対応
  • 安心の全国対応
  • 債務整理の顧客満足度97.5%
過払い金で借金が貯金に!?

このようなお悩みや疑問はございませんか?

現在,借金を返済中の方

複数の金融機関から借金をしていて今後の返済が不安…。

利息の返済だけで手一杯。いつになったら借金を完済できるのだろう…。

弁護士に依頼すると…

過払い金で,借金を完済できる可能性があります。完済できない場合でも,借金が減額され,毎月の返済負担を軽減できる可能性があります。

現在,借金を返済中の方

すでに借金を完済された方

過払い金が発生しているかわからない。

完済後も過払い金を請求できるの?

弁護士に依頼すると…

借金の金額や期間,利息などから,過払い金が発生しているか診断いたします。すでに完済している方も過払い金を請求することが可能です!

すでに借金を完済された方

ひとりで抱え込まず、アディーレの弁護士にご相談ください。過払い金の返金手続で再スタート!

  • Call: 0120-316-742
過払い金とは?

過払い金とは?

「過払い金」とは,本来支払う必要がないにもかかわらず,カードローン・キャッシングで支払い過ぎていたお金のことです。長年,借金の返済を続けている方は過払い金が発生している可能性があり,過払い金によって借金を完済したり,減額したりすることができます。つぎの項目に該当する方は,過払い金が発生している可能性がありますので,一度,弁護士にご相談ください。

過払い金が発生するのはどのような人?

  • (1)2010年6月以前から借金をしていた。
  • (2)18%を超える金利で,5年以上も返済を続けている。
  • (3)利息制限法の上限金利(15~20%)を超えて返済をしている。
  • (4)借金を完済してから,まだ10年経っていない。
過払い金が発生している可能性があります。

あなたの過払い金は,引き直し計算で確認できます。

引き直し計算

過払い金は「引き直し計算」という方法で確認をします。利息制限法の上限金利(15~20%)で、金利を引き直す計算を行うことで,過払い金が発生しているか,返済中の方は,借金がいくら減額になるかを知ることができます。計算は,取引履歴を正しく読み解くことや専門的な知識,経験が必要となりますので,過払い金の請求に実績のある弁護士に相談することをおすすめします。

引き直し計算

過払い金を取り戻した方々の事例と喜びの声

経営悪化により、借金が膨れ上がったTさんの場合

5社すべてから過払い金が返還されたことで借金を完済し、230万円以上が返還されました。一時は借金が約250万円まで膨れ上がりましたが、「これ以上無理」と思い、勇気を出して弁護士に依頼。今は安心した生活を送っています。

過払い金を入院費用に充てることができたIさんの場合

弁護士が引き直し計算を行い、金融業者2社から550万円以上の過払い金が返還されました今後,入院する予定があり、金銭面に不安を感じていましたが、入院費用に充てることができました。

短い借入期間でも、約170万円の過払い金を受け取ったSさんの場合

診断の結果、過払い金が発生していることが判明し、約170万円を受け取ることができました。「取り戻すべきお金があるのなら…」と思い、弁護士に依頼したことで過払い金を別の金融業者への借金返済に充てることができました。
  • 月間25億円以上の過払い金回収実績※が信頼の証!

    ※2015年8月~2016年7月の当事務所実績より算出

経験豊富な弁護士が,あなたの過払い金請求をサポート最適な債務整理の方法をご提案します。

過払い金を無料で診断中!ひとりで悩まず、まずはご相談ください。

  • Call: 0120-316-742
過払い金では完済できなかった・・・。過払い金がなかった…

借金を解決する3つの方法

借金を解決する3つの方法

過払い金で借金を完済できなくても,あきらめる必要はありません。任意整理や自己破産,民事再生など,債務整理と呼ばれる手続を行うことで,借金の減額や免除できる可能性があります。
任意整理
今後の金利がなくなり,元本のみを3年~5年間の分割で返済していく制度で,借金の総額と毎月の返済額を減額できます。取引のある金融機関の中から,一部だけ選んで実施することが可能です。
自己破産
裁判所に借金の返済が困難だと認めてもらうことで,税金などを除くすべての債務を支払う必要がなくなります。高価な財産を手放すことになりますが,今後の収入を生活費に充てることができます。人生を前向きに再スタートするための救済制度です。
民事再生
住宅などの高価な財産を手放さずに借金を大幅に減額する制度です。返済が困難だと裁判所に認めてもらうことで,借金は5分の1から10分の1程度に減額され,減額された借金を3年~5年かけて分割で返済していきます。
弁護士に債務整理の依頼をすることで,返済や取立はすぐに止まります!弁護士が借金の減額や免除に向けて交渉などを行いますので,面倒な手続は不要です!

借金のお悩み、弁護士にご相談ください!ひとりで悩まず、アディーレの無料相談。

  • Call: 0120-316-742

アディーレが選ばれる理由

1.法律相談実績35万人以上!ご相談を親身に伺います。

アディーレでは創立から今日まで過払い金の請求や債務整理をはじめ,さまざまな法律トラブルのご相談を,35万人以上の方から伺ってまいりました。

皆さまが直面した法律トラブルのご相談を一つひとつ親身になって伺い,積み重ねてまいりました。

2.豊富な過払い金の回収実績!妥協せずに交渉します。

過払い金の返還請求では,毎月,何千件も実施している実績があり,これまでの累計実績は30万件以上,回収金額は1,850億円以上にもおよびます(2016年10月時点)。

また,過払い金の返還や債務整理に消極的・非協力的な金融機関には,すべて訴訟にて対応しております。アイフル,アコム,プロミス(現:SMBCコンシューマファイナンス)をはじめとした金融機関に対しても妥協せず,全力を尽くしております。

3.債務整理をご依頼された方の顧客満足度97.5%!

弁護士業務を「サービス業」であると強く認識し,弁護士および事務職員全員がこれを徹底しています。

依頼者の方の立場に立って,どのような方法が依頼者の方にとって一番有利で,かつ費用を抑えることができるかを真剣に考え全力で取り組んでいます。

その結果,債務整理をご依頼された方のうち97.5%から「満足」との回答をいただいております。

(「アディーレお客様相談室」による集計(2011/12/01~2015/04/30)

4.安心の全国対応,土日祝日も休まず受付中!

全国どこからでも弁護士にご相談いただけるよう,国内の法律事務所としては最多の全国76拠点を構えております。各拠点には,駐車場やキッズルームを設けておりますので,お車でお越しの方や小さなお子さま連れの方もご安心ください。さらに,土日祝日も休まず,朝10時~夜10時までお電話を受け付けており,ご都合のよいお時間にご連絡いただくことが可能です。

また,拠点までお越しいただくことができない方々に向けて,全国各地で無料出張相談を開催しております。

5.Pマーク認定。プライバシーを厳守いたします!

過払い金や借金のお悩みは誰にも知られたくない話も多く,話した内容が誰にも知られることはないか,不安を抱く方もいらっしゃることと思います。

アディーレでは,そのような不安を解消し,安心してご相談いただくため,一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)が認定する「Pマーク(プライバシーマーク)」の認定を受けております。

ご満足いただけなかった場合は着手金を全額返金!

返金保証制度 アディーレ法律事務所では、皆様が債務整理・過払い金のご相談を気軽にできるよう返金保証制度を導入しております!

3つのお約束

過払い金・借金は弁護士にご相談ください。アディーレなら、何度でも相談無料!

  • Call: 0120-316-742

ご相談から解決までの流れ

  • ヒアリング・ご相談日決定

    フリーコール0120-316-742までお電話ください。ご相談日時をご予約いただき、ご相談をスムーズに行うために、借金や財産の状況をお伺いいたします。
    なお、遠方にお住まいの方に向けた無料出張相談も行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

  • 無料相談・アドバイス

    全国の各拠点にお越しいただき,ご相談をお伺いします。お持ちいただいた資料をもとに、財産・家計の状況、借金の理由,手続に関するご質問・ご要望などを伺います。
    一人ひとりの状況を踏まえた上で,弁護士が最善の手続をアドバイスいたします。

  • ご契約

    当事務所にご依頼される場合には、契約書と委任状を作成し,その写しをお渡しいたします。
    ご依頼後に法律上の禁止行為(例:一部の債権者への返済等)について説明させていたします。

  • 金融機関への交渉・手続

    返済中の方の場合,依頼をいただいた当日(時間帯により翌日)に受任通知(弁護士介入通知)を各金融機関へ発送し,以後の返済・取立をストップさせます。
    その後,弁護士が過払い金の返還請求の交渉や,金融機関との和解交渉などを行います。

過払い金・債務整理Q&A

依頼する際や依頼途中で,本当に弁護士費用は掛かりませんか?

  • 引き直し計算や,金融機関との交渉などは,過払い金に関する知識,請求や交渉の経験を必要とします。このような作業や手続を,弁護士に任せることで,依頼者の方の負担は大きく軽減されます。また,金融機関は,弁護士のランク付けを行っており,過払い金の請求や債務整理に実績のある弁護士に依頼したほうが,有利な和解が成立する可能性が高いとされています。

    現在,借金を返済中の方の場合は,弁護士に依頼することで返済や取立をストップさせることもできます。

過払い金を請求することで、ブラックリストに載ってしまうことはありませんか?

  • 「過払い金を請求すると,ブラックリストに載り,クレジットカード使えなくなるなどの不利益を被ることになる」とお考えの方もいると思います。昔はそのような不利益を被ることもありました。しかし,現在は過払い金の返還請求でブラックリスト(信用情報登録機関が取り扱う返済能力に関する情報)に載ることはありませんのでご安心ください。信用情報機関によっては誤って登録されてしまうことや,返済中に過払い金の請求を行うと,完済するまでの一定期間は登録されてしまう場合がありますが,各信用情報機関へ手続をすることで登録は削除できます。

    また,任意整理,自己破産,民事再生の手続を行った場合は,一定の期間,ブラックリストに掲載されてしまいます。ただし,新規に借入ができなくなるだけで,それ以外の影響はまったくありません。

過払い金を請求すると、家族や勤務先に知られてしまいますか?

  • 過払い金の請求を行っても家族や勤務先に知られることはありません。ただし,ご自宅に届く郵便物などから知られる可能性がありますので,アディーレでは,郵便物は事務所名ではなく,個人名でお送りするなど,最大限のケアをしております。

    いっぽう,自己破産・民事再生をする場合は,官報という国の発行している新聞のようなものに氏名・住所などが掲載されます。しかし,官報を購読している一般の方はほとんどいませんし,官報には毎日数百人もの情報が掲載されますので,その中から特定の個人を探し出すことは非常に困難です。したがって,官報から家族の方に自己破産・民事再生の事実を知られることはほとんどありません。なお,任意整理では官報に掲載されることはありません。

過払い金の請求を依頼できるのは弁護士だけですか?

  • 過払い金の請求の依頼は,弁護士のほかに司法書士にもできますが,弁護士と司法書士では,できることに大きな違いがあります。まず,弁護士の場合,過払い金の請求や債務整理において,制限を受けることはありません。いっぽう,司法書士は,金融機関と交渉や訴訟をできるのが,個別の債権額(借金および過払い金)が140万円以下の場合に限られています。
    また,司法書士は地方裁判所の代理人になることはできず,裁判の対応をご自身で行う必要があります。しかし,弁護士なら,依頼者の方の代理人として裁判に関する対応を行うことが可能であり,即日裁判制度を利用すれば,より早期の手続完了が見込めます。

借金のお悩みをあきらめないで!過払い金・債務整理で解決へ!

過払い金・借金は弁護士にご相談ください。アディーレなら、何度でも相談無料!

  • Call: 0120-316-742

ページのトップへ