2004/10/16 創刊号

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
【創刊号です!初めまして!】
250部を超える購読をいただきましてありがとうございます!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
●石丸幸人(いしまるゆきと)と申します。
私は,個人の再スタート支援を専門にしている弁護士です。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

このメルマガは,借金の返済に苦しむ人達に向けて,弁護士が「自己破産のすべて」をお伝えする内容となっています。
借金の返済で困っておられる方必見のメルマガです。

平成3年度には3万件に過ぎなかった自己破産者は現在急増し,平成15年度には25万件に達しています。
しかし借金返済に困っている人は全国に100万人とも150万人ともいわれています。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
●つまり本来自己破産すべき人達の1/5程度しか自己破産は活用されていないのが現状です。
これはどうしてなのでしょうか?
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

借金返済に苦しむ人を救済し,人生を再スタートさせることが出来るように,せっかく法律が借金をなくす方法を用意してくれているのです。
にもかかわらず,残りの4/5の人達は自己破産をせずに,借金の返済に困って家族を保証人にする,友人からお金を借りるなどして,家族や友人を借金問題に巻き込んだり,夜逃げしたり,犯罪行為に走ったり,挙げ句の果てには自ら命を絶ったりしているのです。

借金の整理を希望する人でも,「自己破産だけはなんとか避けて他の方法で整理したい」という人も多いです。
確かに借金を整理する方法は自己破産だけではありません。
借金の金額や財産・収入の状況によっては個人再生や特定調停などの方法もあります。
でもこれらの方法は,借金がなくなるわけではなく,一定額を数年間にわたって返済していく必要があります。
またこれらの方法で借金を整理するためにはサラ金業者の同意が必要です。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
●「どうして自己破産を避けたいのですか?」
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

私は依頼者にいつもこのような質問をします。
答えは人によってそれぞれですが,どうやらそのほとんどが間違った理解や自己破産という言葉の持つイメージの悪さが原因となっているようです。

自己破産は原則として借金がなくなるという多重債務者にとって最も有利な借金整理の方法です。
また自己破産ならサラ金業者の同意なんて不要です。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
●もっと自己破産は活用されるべきです。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

そこで,私は今後メルマガで借金に困っている人のために,自己破産を中心に法律を使って堂々と借金を整理するための,私が持っているすべての情報・ノウハウを公開することにしました。

ただ,忙しい人でも気軽に読めるように1通のメルマガは3分で読み終えられるようにします。
今回は創刊号なので例外です(笑)。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
【破産すると財産を全部持っていかれる?】

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
●「破産すると財産は全部処分されてしまう!」
こう考えている人はとても多いです。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

確かに,借金が返せなくなったから破産をするのに財産をそのまま持ち続けられるわけがない
と考えるのは常識的な考え方です。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
●しかし,実際はそうではないのです。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

もちろん高価な財産を持っていた場合は,それは処分されて借金の返済に充てられてしまうのは事実です。
ただ,憲法25条には「国民は,健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する」という規定があります。
いくら破産したといっても必要最小限の生活は守られるべきというのが法律の考え方です。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
●「必要最小限の生活って具体的にはどの位なの?」
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

具体的にいえば,現金預金は66万円,家財道具は時価評価額が20万円以下のものは,破産しても保有し続けることが出来ます(これを自由財産といいます)。

借金の返済に困っている人が現金を66万円以上持っていることはないでしょう。
家財道具とは,家具・寝具・衣類・バッグ・靴・パソコン・家電などの生活品をいいますが,これらのものが中古で20万円以上で売れることはまずないでしょう。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
●つまり破産者の持っている財産は事実上ほとんど処分されないのです。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

実際裁判所に自己破産を申し立てても財産を処分されるケースは少数にとどまります。

しかも,平成17年からは法律が改正され自由財産の範囲が拡がります。
現金預金は99万円までが処分されずに済むようになります。
家財道具についてもまだはっきりとはしていませんが,自由財産となる上限額が上がることが見込まれています。

自己破産した場合に財産がどのような取扱いを受けるのかは,一般の人が最も誤解している点のひとつです。

次回は,自己破産後に得た収入・財産についてのお話を予定しています。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
【編集後記】

ついにメルマガを発行しました。
以前から自己破産についてのメルマガを発行してみたいとは思っていたのですが,これまで忙しさにかまけてなかなか実現には至りませんでした。
一般の人にわかりやすいメルマガを心掛けてはいるのですが,いざ書いてみると法律ってやっぱり難しくなっちゃいますね。

メルマガの内容がよくわからないとか,この場合はどうなんだというようなご質問は,当事務所のホームページから無料でお受けしていますので,お気軽にご連絡下さい。
よりわかりやすいメルマガを目指してがんばりたいと思います。

ページトップへ

アディーレ法律事務所