2004/11/13 自己破産と職業の資格制限

今回のテーマ
【自己破産と職業の資格制限】

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
●「自己破産すると職業の制限があると聞いたのですが?」
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

自己破産した場合,一定の職種について一定期間の職種制限があります。

では,一定の職種とはどのような職種なのでしょうか。
これについては,破産法に規定があるのではなく,それぞれの職種を定めている法律に破産者についての資格制限の規定が定められています。
したがって,破産した場合に制限を受ける全ての職種を把握することは容易ではありません。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
●「じゃあ,私の職種は制限されてしまうのではありませんか?」
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

資格制限のある職種とは,具体例を挙げると,会社の取締役,弁護士,行政書士,税理士,警備員,保険募集人などが該当します。
わかりやすくいうと,公的な資格や人の生命,身体,財産を預かるような資格について制限がなされるのです。但し,公務員などは何故か資格制限職種とはなっていません。

これに対して,運転手,美容師,医師,看護婦などの資格は制限されていません。また,そもそもその職種を行うのに何の資格も必要ない職種については,資格制限はありません。なお,破産を理由に会社は従業員を解雇できないことは前号まででお話したとおりです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
●「資格が制限される一定の期間ってどのくらいですか?」
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

破産宣告を受けてから復権を得るまでの期間です。破産宣告は破産を裁判所に申し立ててから通常即日~1週間以内に行われますので,ほぼ破産申立と同時期と考えればよいでしょう。
復権とは,破産者への制限を消滅させることです。免責許可(借金がなくなること)の確定,破産宣告から10年間経過することなどによって復権になります。

現在の破産手続の標準スケジュールでいえば,破産申立から免責確定までは約3~4ヵ月間ですから(同時廃止という簡単な手続の場合),現実的な資格制限期間はその期間ということになります。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
●「そうすると資格制限はあまり大きな制限ではないということですか?」
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

そのとおりです。資格制限は,限られた職種について数ヵ月間の制限があるだけですから,現実的に問題となるのは,現在会社の取締役や警備員,保険募集人などに現在就いている方もしくはこれから就こうとしている方くらいだと思われます。

次回は,自己破産と今後の借入・ローンの可否について説明します。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
【編集後記】

当事務所は,来週末に引っ越すことになりました(今の事務所はかなり狭くなってきてしまったので)。引越先は池袋で今の事務所とそんなに遠くはないのですが,多くの皆さんのご相談や手続を行いながらの引越のため,なかなか大変です。
でも広い事務所を引っ越せば,今よりももっと沢山の方の相談に応じられる体制がとれますので,より多くの多重債務に困っている人達を救済できると信じて,一足先にせわしない師走を向かえています。

メルマガの内容がよくわからないとか,この場合はどうなんだというようなご質問は,当事務所のホームページから無料でお受けしていますので,お気軽にご連絡下さい。
よりわかりやすいメルマガを目指してがんばりたいと思います。

ページトップへ

アディーレ法律事務所