2004/12/11 自己破産の手続は自分でもできるか

今回のテーマ
【自己破産の手続は自分でもできるか】

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
●「弁護士に依頼するお金がないんですけど,自己破産の手続って自分でも出来ますか。」
借金返済に困っている人は当然お金の余裕のない人ですから,出来れば自分で自己破産をしたいというのは,当然だと思います。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

この質問も実に沢山いただくのですが,結論からいいますと,自己破産の手続をご自分ですることは,非常に困難です。

自己破産をして免責を受けると借金がなくなります。これは,業者から見ると貸していたお金が返ってこないことを意味します。もちろん借りたお金は返すというのが本来の約束です。

そのため,自己破産を申し立てるためには,これまでどのような生活をしてきたのか,借金はいつころから何の目的でしたのか,職歴や家族構成はどうか,過去にどのような財産を所有していたのか,など詳細を文書で報告し,その経緯を見て裁判所が免責させるかどうかを判断します。

この文書を裁判所に提出出来るように自分で作成するのは多少やっかいです。

また,内容の信頼性についての問題もあります。この申立はあくまでも自己申告ですから,誠実に職務を遂行する義務のある弁護士が代理することによって内容の信頼性を確保することが出来ます。

そのため,本人申立の場合は,裁判所の方としても文書を入念に審査することになります。この審査には時間を要するため,結果的に手続が終わるまでの期間や裁判所とのやりとりの手間がかかってしまいます。

そのような理由から東京地方裁判所の場合は,原則全件弁護士をつけるという運用を行っており,平成15年度の本人申立は1%以下です。

加えて,前号でもお話しましたが,弁護士に受任したことの通知を出してもらうと,取立が止まり,通知後の返済は不要となることも,日々取立に悩んでいる方には,弁護士に依頼をすることの大きなメリットとなります。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
●「でも,弁護士費用を払うお金なんてありません・・・。」
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

費用の分割払いに応じてくれる弁護士もいますので,一度にすべての費用を用意出来なくても,弁護士に依頼することは可能です。

また相談については,無料で行っている弁護士の方もいらっしゃいますので,状況が悪化しないうちに,ご相談されることをお勧めします。

次回は,自己破産は誰に依頼すればよいか,について説明します。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
【編集後記】

年末を控え,そろそろせわしなくなってきました。明日はNHKの連続ドラマ「新撰組」の最終回です。これまで忙しかったこともあってNHKの連続ドラマはほとんど
みたことはなかったのですが,主演香取慎吾,脚本三谷幸喜という組み合わせに豪華キャストが沢山登場し,思わず見だしてしまいました。実は結構テレビオタクだったりします(笑)。

明治維新を舞台にしたドラマや映画は数多くありますが,これまでとは一風変わった独特の三谷ワールドが広がっていて,見ていて退屈しません。
年末には総集編が放送されるそうなので,ご興味のある方は是非一度ご覧になってみて下さい。おもしろいと思いますよ。

ページトップへ

アディーレ法律事務所