2004/12/18 自己破産は誰に依頼すればよいか

今回のテーマ
【自己破産は誰に依頼すればよいか】

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
●「借金の返済に困っているけど,誰に相談すればいいんですか?」
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

借金問題について誰に相談すべきか?借金が膨らんでしまい,自力返済が困難になってきた人がまず直面するのは,この問題です。

まず,専門家に相談するか,それとも自分で整理をするを考えます。
法律に詳しく,交渉能力あり,借金を整理するために時間を掛けられる方については,ご自分で借金を整理することも可能です。

ただ,大半の方はそうではないと思われますので専門家に相談をすることになります。
専門家といっても,弁護士,司法書士,行政書士をはじめ,借金コンサルタント,民間の支援団体,ライフプランナーや,借金の一本化を勧める金融業者まで,非常に多くの相談先があり,どこに相談するかでまた悩んでしまうでしょう。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
●「まず,金融業者への相談は,多くの場合無意味です。」
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

借金の一本化を勧めてくる金融業者は多くありますが,名目上の金利は安くなったとしても,保証料,手数料,審査料,挙げ句の果てにはキャンセル料だと色々な名目でお金を支払わせ,実質金利は変わらないか,むしろ高くなってしまうことがほ
とんどです。
お金だけ支払わせて単に別の業者を紹介するだけという悪質なところもあります。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
●「次に弁護士,司法書士,行政書士以外のものがお金を取って借金の相談に乗るのは違法だということです。」
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

借金コンサルタントや民間の支援団体なども数多く存在しますが,お金を取って借金問題の相談に応じるのは違法行為です。ですから,相談の予約や相談した際にお金を支払う話をしてくるところは,違法なところですので,絶対に相談に行くべ
きではありません。
金融業者と組んでさらに借金をさせて,借金で困っている人をさらに食い物にしようとする悪質なところも存在します。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
●「では,弁護士,司法書士,行政書士のいずれに相談するのがよいのでしょうか?」
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

弁護士,司法書士,行政書士は,それぞれ行うことが出来る業務が分かれています。
借金問題を解決する方法については,自己破産,任意整理,民事再生があり,どの方法を取り,どこまでをご自分でやるのかによって,どの士業に相談すべきなのか
が変わって来ます。詳細は当事務所のホームページをご覧下さい。

まず,弁護士は,3つの方法をすべて本人に代わって行うことが出来ます。裁判所への手続,書類の作成や業者との交渉など一切の行為を委任することが出来ます。
通知を出して業者の取立を止めて,とりあえず今後の返済をストップさせることが出来ます。
次に,司法書士は,任意整理であれば,140万円以下の借金についての代理権がありますので,弁護士と同様に業者との交渉を行うことが出来ます。ただ,簡易裁判所以外での代理権がありませんので,自己破産や民事再生を申し立てる場合は,書類の作成のみの委任となり,裁判所での手続や裁判官との面接はご自分で行う必要があります。また,東京地方裁判所のように事実上弁護士が付いていないと申立を認めないところもありますので注意が必要です。

行政書士は,代理権がありませんので,書類の作成を除いて,すべての手続をご自分で行う必要があります。業者との交渉も出来ませんし,通知を出して取立を止めることも出来ません。

結局,手間を掛けずに手続を確実,迅速に進めるには弁護士に依頼するのがよいということになります。ただ,費用については,司法書士,行政書士よりも若干高めです。もっとも弁護士については,本年報酬規定が廃止され報酬が自由化されており,低価格で借金の整理を行っているところもありますので,費用については,お問い合わせして見るとよいでしょう。

次回は,自己破産と禁止行為,について説明します。

ページトップへ

アディーレ法律事務所