2005/01/15 自己破産と任意整理の違い

今回のテーマ
【自己破産と任意整理の違い】

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
●「自己破産と任意整理とは,どう違うんですか?」
借金返済に困った人が債務整理を考えて色々と調べる際,まず浮かんでくる疑問が
これだと思います。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

自己破産とは,これ以上借金返済が出来ないことを申し立てて,裁判所で借金をな
くしてもらう手続です。
これに対して,任意整理とは,各サラ金業者と今後の返済額や返済期間についての
和解をし,この和解にしたがって借金の返済をする手続です。

両者の一番の違いは,自己破産は借金がなくなるのに対し,任意整理は今後も和解
した借金を支払う必要がある点です。
したがって,任意整理は,借金の金額がある程度までに収まっている場合で,かつ
今後返済を続けるだけの収入がなければ出来ません。
この「自己破産すると借金は基本的にすべてなくなる」という点が,任意整理には
ない最大のメリットです。

他方,自己破産は20万円以上の高価な財産は処分されてしまうというのが,最大
のデメリットです。この点は,任意整理なら財産の処分はありません。
ただ,自己破産でも,家財道具や生活に必要なものについては処分されませんし,
現金についても99万円までは処分されることはありません。

また,自己破産の場合は,著しい浪費やギャンブルで作った借金は破産してもなく
ならないという制限がありますが,任意整理の場合はそのようなことはありません。

任意整理が可能な基準としては,「手取り収入から家賃を引いた金額の3分の1を
月々の返済原資として,これを3年間(36回)支払って,借金をなくすことが出
来るかどうか」が一応の目安となります。

あとは,自己破産というとやはり名前のイメージが悪いというのはあります。
ただ,上記のとおり自己破産は今後の返済が不要となる点で,再スタートをきる上
で,有利な手続であり,多くの人が自己破産を選択しているのが実際のところです。

次回は,破産と民事再生の違い,について説明します。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
【編集後記】

正月気分も終わり,肌寒い日が続いています。私は,寒がりのためお正月はどこに
もいかず家でごろごろしていたのですが,そのためなのか,最近少しズボンがきつ
くなってきてしまっています。
ほとんど事務所で依頼者との面談や電話,メールでのやりとりをするだけなので,
消費カロリーはあまりなさそうです。あまり気苦労がないから太ったんでしょうか
(笑)。
唯一の運動といえる自転車通勤だけはがんばってこれからも続けていこうと思う今
日このごろです。

ページトップへ

アディーレ法律事務所