2005/02/26 自己破産すると退職金はどうなるか パート1

今回のテーマ
【自己破産すると退職金はどうなるか パート1】
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
●「自己破産をすると退職金は没収されてしまうの?」
何年間も会社に貢献してきた相談者の方から多くお問い合わせいただく相談です。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

今回のテーマである「退職金」の取り扱いにつきましては,退職の前後でその取り
扱いが異なりますので,パート?では退職後の取り扱いについて説明します。

●破産手続開始決定前に退職はしているが,退職金が支払われていない場合

退職金は,法律上その4分の3の金額は差し押さえが禁止されています。
破産手続開始決定前にすでに退職している場合には,退職金債権が具体化されてい
るので,差押禁止部分を除く4分の1相当額を裁判所へ支払う必要があります。

●破産手続開始決定前に退職をしており,既に退職金も支払われている場合

退職金が既に支払われている場合には,退職金が支払われていない場合と異なり,
差押禁止財産に当たらないとされています。そこで,支払われた退職金は全額を支
払う必要があります。ただ,以前のメルマガでもご説明しましたように,平成17
年の破産法の改正により99万円以下の現金は維持できるようになったため,その
金額を超える部分のみを裁判所へ支払えばよいことになりました。

なお,退職金が支払われてから期間が経過しており既に消費してしまった場合には
,それが生活費や破産申立費用といった事情による消費かどうかが検討され,その
ような事情による消費でないと認められた場合は退職金相当額を裁判所へ支払うこ
とになります。

次回は,「自己破産をすると退職金はどうなるか パート?」といたしまして,破
産手続開始決定前に退職していない場合の退職金の取扱いについて説明します。

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
【編集後記】

今週また新たなスタッフが当事務所に入りました。25歳の女性スタッフです。今
まで男性スタッフが多く,体格のいい男性スタッフが電話や応対をしていましたの
で,「何か法律事務所らしくなってきたなぁ」としみじみ思っています。

先日はその女性スタッフの歓迎会を近くのお店で行いました。女性スタッフが入っ
たということで男性スタッフ達はいつもよりも盛り上がっていました。そういう私
もちょこっとはしゃいじゃいましたが,それよりも会計が気になって…。しばらく
はお昼ご飯をパンと缶コーヒーにしないとなぁ…。

ページトップへ

アディーレ法律事務所