2005/09/03 自己破産や民事再生の手続中の裁判所に行く日程は申立人の都合を考慮してもらえるのでしょうか?

今回のテーマ

「自己破産や民事再生の手続中の裁判所に行く日程は申立人の都合を考慮してもらえるのでしょうか?」と相談者から寄せられた質問です。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 裁判所へ行く日程は,こちらの都合を考慮してもらえるかというと,ほとんど考慮してもらえないのが現状です。
というのも,裁判所は多数の事件を処理する必要があるからです。
そのため,裁判所へ行く日程は,予め伝えられているので予定を空けておく必要があります。

では,破産管財人との面談の日程はどうでしょうか。
破産管財人との面談については裁判所と異なり,多少の都合は考慮してもらえます。ただ,破産管財人(申立代理人とは別の弁護士)の先生も忙しい方が多いので,あまり身勝手な事情は考慮してもらえません。

それでは裁判所・破産管財人の事務所へ行く日程は,いつ頃分かるのでしょうか。
裁判所・破産管財人の事務所へ行く日程は,申立とほぼ同時期に決定されます。
1ヵ月以上前に分かりますので,その日は日程の調整をする必要があります。

そして,もし万が一,病気で裁判所へ行けない場合でも,原則として,1度は裁判所へいく必要がございます。ただし,病気等の特別なご事情によっては,弁護士から特別な事情によって出廷することが出来ない旨の上申書を裁判所へ提出することにより,裁判所へ行かずにして手続ができる場合があります。

つまり,原則的には裁判所が決定した日程を動かすことはできず,本当にやむをえない事情があり,上申書によって認めてもらえなければ,裁判所が決められた日程どうりに出席しなければならないのですね。

□ 自己破産に関する事項についてのご質問・ご相談は

  → http://www.adire.jp/step/book.html

  から無料で受け付けております。お気軽にお問い合わせください。

□ これを読めばご自身に最適な債務整理の方法が必ずわかる!今だけ特別に無料
贈呈!限定200名様なのでご請求はお早めに!

  自己破産等の債務整理について更に詳しく解説した「are you happy?」のご
請求は
→ http://www.adire.jp/step/book.html

  から受け付けております。お気軽にお問い合わせください。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

【編集後記】
皆さんこんにちは。
最近は突然に雨が降ることが多いですね。
  傘を持っていないとずぶぬれになってしまう程の大雨です。
そのため,最近は折りたたみの傘を持ち歩くようにしています。
しかし,持っている時に限って,降らないものですよね。
まあ,備えあれば憂い無しですよね。
皆さんも突然の大雨には,注意して下さい。

ページトップへ

アディーレ法律事務所