2005/10/22 自己破産をした場合,今住んでいる賃貸住宅から立ち退く必要がありますか?

今回のテーマ

「自己破産をした場合,今住んでいる賃貸住宅から立ち退く必要がありますか?」と相談者から寄せられた質問です。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
以前は,借主が自己破産をすると貸主は賃貸借契約を解除できるとされ借主は賃貸住宅から立ち退く必要がありました。
しかし,住宅は生活の重要な基盤であることから,平成17年の法改正により自己破産をしても貸主は賃貸借契約を解除できないとされました。したがって,自己破産をしても賃貸住宅から立ち退く必要はなくなりました。

上記のように,自己破産をしても賃貸住宅に住み続けることができるようになりました。(ただし,何ヵ月も賃料を滞納している場合には,賃料不払いを理由に賃貸借契約を解除されてしまうおそれがあることはかわりません。)
また,住宅は生活の重要な基盤であり,賃料は生活をする上で必要不可欠な出費と認められています。
したがって,自己破産の手続中であっても賃料を支払うことは問題ありません。

 
□ 自己破産に関する事項についてのご質問・ご相談は

  → http://www.adire.jp/step/book.html

  から無料で受け付けております。お気軽にお問い合わせください。

□ これを読めばご自身に最適な債務整理の方法が必ずわかる!
限定50名様に無料贈呈!ご請求はお早めに!

  自己破産等の債務整理について更に詳しく解説した「are you happy?」のご請求は

 → http://www.adire.jp/step/book.html

  から受け付けております。お気軽にお問い合わせください。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

【編集後記】
皆さんこんにちは。

最近,風邪をひかれている方が多いですよね。

季節の変わり目は注意が必要です。

私も風邪を引かないように,うがい,手洗いは欠かせません。

皆さんも,気をつけてくださいね。

ページトップへ

アディーレ法律事務所