2005/10/29 自己破産をすると債権者へ返済する必要がなくなるのですか?

今回のテーマ

「自己破産をすると債権者へ返済する必要がなくなるのですか?」と相談者から寄せられた質問です。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
自己破産をすると原則として借金の全てが法的になくなりますので,免責決定が確定した後は債権者へ返済する必要はありません。ただし,自己破産をしても政策的理由から次の債務は例外的に免責されません。
1.税金等の公租公課
2.養育費や扶養義務に基づく支払債務
3.故意または重過失による不法行為に基づく損害賠償債務
4.罰金等

以上のように,自己破産を申し立てると,原則として免責が認められ一部の債務を除いて借金が法的になくなります。しかし,例えばギャンブルや著しい浪費等でできた借金については,例外的に免責が認められない場合があります。

もっとも,ギャンブルや浪費等の免責不許可事由がある場合でも弁護士が代理人になった場合には,少額管財手続(自己破産をされる方に高価な財産がある場合や免責不許可事由がある場合等に,別の弁護士が裁判所から破産管財人として選任され,財産や免責不許可事由の有無を調査する手続です。)により破産管財人が自己破産される方の免責不許可事由の内容・程度や反省の有無,今後の更正の見込み等を調査した上で,免責が認められる場合もあります。
詳しくは当事務所にお問い合わせ下さい。

□ 自己破産に関する事項についてのご質問・ご相談は

  → http://www.adire.jp/step/book.html

  から無料で受け付けております。お気軽にお問い合わせください。

□ これを読めばご自身に最適な債務整理の方法が必ずわかる!
限定50名様に無料贈呈!ご請求はお早めに!

  自己破産等の債務整理について更に詳しく解説した「are you happy?」のご請求は

 → http://www.adire.jp/step/book.html

  から受け付けております。お気軽にお問い合わせください。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

【編集後記】
皆さんこんにちは。
紅葉の季節ですね。

 TVでは紅葉スポットが紹介されるようになりましたね。

 私も機会があれば,季節を感じにぶらりと足を運んでみたいとおもいます。

それにしても,こんなに雨が降っていて葉が落ちてしまわないか

心配ですね。

皆さんも季節を感じてみてはいかがでしょうか。

ページトップへ

アディーレ法律事務所