2006/10/21 不動産を守れ!<パート1>(第2回)

今回のテーマ

【不動産を守れ!<パート1>】(第2回)

40代のDさん(男性)は,遠方から上京されて東京で働いていました。しかし,8年前お母様が病に倒れたため,長男であったDさんはご実家に戻られ,地元で勤務しながら,お母様の看病や医療費・生活費を援助されていました。しかし,東京で勤務していたときよりも収入が減少し,Dさんの家族の生活費も余裕がない状況でしたので,毎月足りない分を消費者金融から用立てるようになりました。Dさんが当事務所へご相談された際には700万円にも借金が膨らんでいました。現在Dさんは,ご実家でご両親と奥様,子供3人と生活をしています。3年前にはお母様のために,ご実家をバリアフリーにリフォームもしていました。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

Dさんは不動産を所有されていたため,私は,住宅ローンがあるかどうかや,不動産の価格,第三者の協力が得られるかどうかといった事情についてDさんに質問するため,受話器を手にしました。

「もしもし。弁護士の石丸です。」

「あっ,はい。お世話になっております。」

私からの電話にDさんは少し驚かれたようです。

私はDさんに,負債状況・財産状況を拝見する限り,自己破産が最善であるのではないかという見込みをお伝えしました。

「Dさんは,不動産をお持ちですね?」

「はい。親父が購入した家なんですが,そのとき長男だからって共有にしたんです。」

「持分はどれくらいですか。」

「2分の1です。」

「住宅ローンは・・・?」

Dさんに所有不動産の状況を聞いたところ,ご実家の2分の1を所有しており,不動産の価格は固定資産税評価額で350万円。また,住宅ローンは既に返済しているということでした。

「先生,事務員さんにはお話したのですが,母親が病気で,自宅もそのためにリフォームしたんです。自己破産すると家はどうなってしまうんですか?」

やはり,Dさんはご実家のことをご心配されていらっしゃいました。

「お話は簡単に事務から伺っております。ご実家の共有持分もDさんの財産となります。自己破産は借金を法的に全て免責する代わりに,高価な財産を処分しそれを債権者へ平等に配当するという手続きです。ご実家の共有持分は高価な財産になりますので, 持分を処分されるのが原則です。・・・」

「そうですか・・・。それなら自己破産ではなく,別の手続きにすることはできないんでしょうか?」

私が不動産の取扱いについて説明している途中に,Dさんが私の説明をさえぎるように言いました。

「少し説明をさせていただいてもよろしいですか?」

私は不動産の取扱いについて説明を続けました。

「先ほどお伝えしたのはあくまでも原則です。自己破産をされる場合にも不動産を維持することが可能な場合もあるんです。」

「えっ?本当ですか?」

「はい。Dさんの共有持分を適正な価格で処分し,そのお金を債権者に配当すれば自己破産の手続きの目的は達成できます。つまり,金額が適正でさえあれば,共有持分を購入する方は誰でもよいのです。」

「はぁ・・・。僕の場合,どうなるんですか?」

「Dさんの共有持分を,ご家族の方に適正価格で買い取っていただき,共有名義をその方に変更すれば,事実上ご実家を維持することが可能なんです。ただ,その場合には金額を実際にお支払いいただく必要がありますが,そのような方がご家族でいらっしゃいますか?」

Dさんはすぐに回答できないため,しばらく猶予がほしいとのことでしたので,後日連絡をいただけることをお約束し,電話を切りました。

『自己破産をすると会社に知られてしまうんでしょ?』

勝手に思い込んでいませんか?真実とは異なる思い込みで毎月返済に悩み続ける方が大勢います。債務整理を弁護士に依頼すれば,取立・返済が止まります。毎月返済のことで悩む前に,まずは専門家に相談を!

債務整理については小冊子『are you happy?』で詳しく解説しています。限定50名様に無料贈呈中。

□ご請求は当事務所のホームページから・・・

 → http://www.adire.jp/step/book.html

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

【編集後記】

皆さん,こんにちは。

実は昨日,当事務所の『2周年記念パーティー』がサンシャインの展望台で行われました。

これまでは事務所の飲み会というと居酒屋だったのですが,さすがに70名を超えると居酒屋では無理だったようで,展望台でやることになったそうです。

当日は,私が挨拶をし,上嶋先生が乾杯の音頭を取って始まりました。

事務員数名が忙しい中,数日前から準備していたこともあり,当日はスライドショーあり,新入社員の自己紹介あり,私の誕生日プレゼントありで,とても楽しいパーティーとなりました。

パーティーには『行列のできる法律相談所』のカメラも潜入。
もしかしたら,パーティーの内容が放送されてしまうかもしれません。
来週はいよいよスタジオ収録です。

スタジオの様子はまた次回のメルマガでお知らせしますのでご期待ください。

『本日のブログに2周年記念パーティーの様子が掲載されています!』

当事務所のブログ「弁護士と法律事務職員のほのぼのブログ」はこちらからどうぞ!

→ http://blog.livedoor.jp/adire1/

<放送日近づいてきました!!>

『ケンちゃんの晩めし前!』
10月26日(木)17:25~(5分間)
テレビ東京系列

石丸弁護士が小学生のケンちゃんに『グレーゾーン金利』について説明します。

番組を見忘れた方は,日経新聞のホームページでも視聴できるそうです。

→ http://www.nikkei.co.jp/bb/index.html

 

ページトップへ

アディーレ法律事務所