2006/11/11 不動産を守れ!<パート1>(第4回)

今回のテーマ

【不動産を守れ!<パート1>】(第4回)

40代のDさん(男性)は,遠方から上京されて東京で働いていました。しかし,8年
前お母様が病に倒れたため,長男であったDさんはご実家に戻られ,地元で勤務しながら,お母様の看病や医療費・生活費を援助されていました。しかし,東京で勤務していたときよりも収入が減少し,Dさんの家族の生活費も余裕がない状況でしたので,毎月足りない分を消費者金融から用立てるようになりました。Dさんが当事務所へご相談された際には700万円にも借金が膨らんでいました。現在Dさんは,ご実家でご両親と奥様,子供3人と生活をしています。3年前にはお母様のために,ご実家をバリアフリーにリフォームもしていました。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

Dさんの受任通知を発送してから1ヶ月が経ちました。

そのころには,Dさんの債権者からは取引履歴が開示されはじめていました。

「先生,Dさんからお電話です。」

事務員がDさんからの電話を私に取り次ぎました。
ました。

「はい,石丸です。」

「石丸先生ですか。お世話になっています。」

前回の電話では,多少緊張された様子だったDさんでしたが,明るい声でご挨拶をしていただきました。

「こちらこそお世話になっております。何だか嬉しそうに感じますが,何かあったので
すか。」

「そうですか?先生に依頼をさせていただいてから,金融業者からの連絡もなくなり,
気持ちに余裕が出てきたんですかね?」

Dさんは,ご依頼をいただいた後に金融業者からの連絡がなくなり,毎月返済のことばかり考えていた毎日から開放されたことを非常に喜ばれているようでした。

「それで,本日はどうされたのですか?」

「あっ,私の共有持分のお金の準備ができたって親戚から連絡がありました。先生,これからはどうすればよいのですか?」

Dさんはご実家の共有持分を所有していましたが,Dさんのお父様が親戚に頼み,共有持分を購入する資金を工面してくれることになりました。その資金が用意できたと親戚から連絡があったようです。

「そうですか,それはよかったですね。まず,実際にお金のやり取りがあったことを証
明するため,そのお金をDさんの口座に振り込んでもらってください。そして,Dさん
の共有持分の名義をお父様に変更する手続を行います。」

「分かりました。でも,共有持分の名義を変更するのは,どうすればよろしいんです
か。今までやったこともないし・・・。」

共有持分の名義を変更するためには,登記済証(いわゆる権利証)や印鑑証明書等の必要書類を準備していただき,その書類とともに登記申請書と収入印紙を法務局に提出することが必要となります。申請から1~2週間程度で名義変更が完了します。

「大丈夫ですよ。登記申請は当事務所の司法書士がお引き受けすることも可能ですから。」

「助かりました。知っている司法書士の先生がいなかったので,どうしようかと思っ
て・・・。」

共有持分の名義変更の登記申請も,当事務所でお引き受けすることになりました。Dさんには早速必要書類をご準備いただき,登記申請をしました。

これで不動産はお父様の所有物になり,Dさんはお父様から賃貸して事実上自宅を維持することができます。

私は,Dさんの破産申立書類の作成に取り掛かりました。

『自己破産をすると会社に知られるから,辞めなければならないんでしょう?』

勝手に思い込んでいませんか?真実とは異なる思い込みで毎月返済に悩み続ける方が大勢います。債務整理を弁護士に依頼すれば,取立・返済が止まります。毎月返済のことで悩む前に,まずは専門家に相談を!

債務整理については小冊子『are you happy?』で詳しく解説しています。限定50名様に無料贈呈中。

□ご請求は当事務所のホームページから・・・

 → http://www.adire.jp/step/book.html

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

【編集後記】

皆さん,こんにちは。

11月に入り,すっかり寒くなりましたね。

寒い時期といえば,やっぱり「鍋」です!
大学生時代には,お金はないけど食欲は旺盛な私は,下宿先のアパートでよく鍋を作ったものです。

先日仕事帰りに,事務員とサンシャイン近くの焼き鳥屋に「鍋」を食べに行きました。
以前昼食を食べにその店に立ち寄ったとき,壁に貼ってあった夜限定の水炊き鍋が気になり,何度と無く足を運んでいたのですが,これまではいつも満席・・・。

その日はようやく店に入ることができ,念願の水炊きを食べることができたのです。
店長さんも,何度も顔を出した私を覚えてくれていた様子です。

大山地鶏と野菜が入った白濁色のとても美味しそうな鍋でした。

ムネ肉のしゃぶしゃぶを水菜と一緒にポン酢につけて,口に運ぶと・・・
周りの目は気にせず,大の大人2人が鍋を食べながらニッコリ。

締めはやっぱり「雑炊」です。鶏肉・野菜のエキスを吸い込んだご飯はとても深い味わいです。

これだけ食べて1人前1,360円!

皆さんも寒さに負けず,是非池袋サンシャインへお越しください。
近くには安くて美味しいお店が沢山ありますよ。

【池袋の隠れた名店情報も満載!】

当事務所のブログ「弁護士と法律事務職員のほのぼのブログ」はこちらからどうぞ!

→ http://blog.livedoor.jp/adire1/

ページトップへ

アディーレ法律事務所