2006/11/25 不動産を守れ!<パート1>(最終回)

今回のテーマ

【不動産を守れ!<パート1>】(最終回)

40代のDさん(男性)は,遠方から上京されて東京で働いていました。しかし,8年
前お母様が病に倒れたため,長男であったDさんはご実家に戻られ,地元で勤務しながら,お母様の看病や医療費・生活費を援助されていました。しかし,東京で勤務していたときよりも収入が減少し,Dさんの家族の生活費も余裕がない状況でしたので,毎月足りない分を消費者金融から用立てるようになりました。Dさんが当事務所へご相談された際には700万円にも借金が膨らんでいました。現在Dさんは,ご実家でご両親と奥様,子供3人と生活をしています。3年前にはお母様のために,ご実家をバリアフリーにリフォームもしていました。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

管財人面接からおよそ2ヶ月後に,Dさんの債権者集会がありました。

債権者集会は,東京地方裁判所の3階にある債権者集会場で行われます。私とDさんが債権者集会場に入ると,真ん中の椅子にはたくさんの人が座りながら順番を待っていました。

しばらくすると,裁判所書記官の女性がDさんの名前を呼びました。私とDさんはその女性の案内にしたがって,裁判官と管財人が座っているテーブルの前に座りました。

席につくと,早速管財人がDさんの財産・収支の状況を報告し始めました。管財人の報告が終わると裁判官から私に現状と変更がないか確認がなされます。

一通りの質問が終わり,裁判官の事件終了の決定で債権者集会は,ほんの10分間程度で終了しました。Dさんはあまりの簡単さに少しあっけをとられていたようです。

後日,事務所にDさんの免責許可決定が送付されてきました。これでDさんの自己破産の手続は全て終了です。

Dさんの共有持分はお父様の名義になり,事実上維持することができました。免責許可決定によりDさんの借金は法的に全てなくなりましたので,これからは一切返済のことを考えずに,生活を建て直すことができるようになりました。

「先生,Dさんからお手紙が届きました。悩んでいたのがうそみたいに生活に余裕が出たそうですよ。ご自宅も処分されずにすんで,本当よかったですね。」
女性の事務員が,私に嬉しそうにDさんからの手紙を手渡しました。

「でも,今回はたまたま共有持分のお金を用意できたからよかったですけど,住宅ローンもあって,全額用意できないのが普通ですよね?その場合にはどうなるんですか?」

「そうだね。でも,ご家族がお金を用意できない場合にも個人民事再生という方法があるんだよ。」

「個人民事再生ですか。個人民事再生をすると,住宅を維持することができるんです
か?」

「あっ,ありました。個人民事再生は,住宅を維持しながら,住宅ローンとおよそ5分
の1に減額された借金を返済していく手続なんですね?」女性事務員は,私に質問しながら小冊子「are you happy?」を開き,個人民事再生の解説を読み上げました。

「そう。自己破産みたいに借金はなくならないけど,減額された借金と住宅ローンを支払っていけば,住宅は処分されずに済むんだよ。」

女性事務員は私の答えを聞きながら,小冊子を黙々と読んでいました。

<Dさんからの手紙>

石丸幸人 先生

前略

寒い日が続くようになりましたが,いかがお過ごしでしょうか?
さて,本日自宅に免責許可決定が届きました。先生にご相談する前は地元の弁護士にも依頼を断られ,これから先どうなってしまうのかと毎日悩んでいましたが,自宅も処分されず無事免責許可決定が出たことを大変嬉しく思います。両親も自宅が維持できたことを非常に喜んでいます。
先生には,感謝してもしきれません。本当にありがとうございました。

今回は先生に助けていただきましたが,二度とこのような過ちを犯さないよう,一生懸命働いていきたいと思います。

最後になりましたが,先生のご活躍を心よりお祈りしております。本当にありがとうご
ざいました。

                                     敬具

『借金がなくなるのだから,自己破産にはそれだけのデメリットがあるんでしょ?』

勝手に思い込んでいませんか?真実とは異なる思い込みで毎月返済に悩み続ける方が大勢います。債務整理を弁護士に依頼すれば,取立・返済が止まります。毎月返済のことで悩む前に,まずは専門家に相談を!

債務整理については小冊子『are you happy?』で詳しく解説しています。限定50名様に無料贈呈中。

□ご請求は当事務所のホームページから・・・

 → http://www.adire.jp/step/book.html

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

【編集後記】

皆さん,こんにちは。

前回のメルマガでもお知らせしたように,11月23日にJ-WAVEの『JAM THE
WORLD』というラジオ番組に出演するため,六本木ヒルズに行ってきました。

少し雨が降る寒い日でしたが,六本木ヒルズの並木はクリスマス・イルミネーションが施され,とても幻想的でした。

さて,収録の20分前にJ-WAVEのオフィスに入り,本番前の打ち合わせをしまし
た。そして,いよいよ本番です。

内容は自己破産についての解説ということなので安心しきっていたのですが,生放送で撮り直しができないというプレッシャー・・・。

・・・なんとか収録が終わりました。

収録の後は,興味本位で同行していた事務員と食事をしたのですが,いまひとつとの手厳しい感想・・・。

ラジオを聴いていた方がいらっしゃれば,是非ご感想をお寄せください。

【寒い夜にはおでんとほのぼのブログ!】

おでんをつつきながら,ほのぼのブログを読むとこころもからだも暖まります。
当事務所のブログ「弁護士と法律事務職員のほのぼのブログ」はこちらからどうぞ!

→ http://blog.livedoor.jp/adire1/

ページトップへ

アディーレ法律事務所