2007/03/10 違法な提携弁護士にご用心!(第1回)

今回のテーマ

【違法な提携弁護士にご用心!】(第1回)

40代後半のFさん(男性)は当事務所に不動産担保ローンの任意整理を依頼していました。Fさんはこのほかに10社から借入をしていましたが,その10社については別の法律事務所に既に任意整理を依頼しており,2年前からその法律事務所を経由して毎月15万円もの返済をしていました。
Fさんはこれまで10年くらい不動産担保ローンの返済を継続していました。当事務所に依頼した当初は200万円の残高がありましたが,当事務所で任意整理した結果,不動産担保ローンは80万円に減額され,月々3万円を返済するという和解が成立しました。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

Fさんから連絡があったのは,Fさんの和解が成立してから3ヶ月後のことでした。

「実は,弁護士会から私宛に依頼していた法律事務所の弁護士が懲戒処分になったという通知が届いたのですが・・・」

Fさんは弁護士会の通知にひどく焦っているようでした。

私はFさんに弁護士会から届いた通知の内容やその法律事務所へ依頼した経緯を詳しく教えていただくようお願いしました。

「弁護士会の通知には,依頼していた弁護士が懲戒処分になったため,その法律事務所に依頼していた人を対象に説明会を開催すると書いてありました。」

「Fさんが依頼していた法律事務所は何という法律事務所ですか?」

「はい,○○法律事務所です。」

Fさんから法律事務所の名前を聞いたとき,私はその弁護士がNPO法人などの弁護士資格のない業者(非弁業者)から斡旋(あっせん)を受けて,多数の多重債務者から債務整理事件を受任したことを理由に懲戒処分を受け,新聞にも報道されたことを思い出しました。

「○○法律事務所に依頼をしたのはどういう経緯なのですか?」

「××というNPO法人がラジオで広告を放送しており,電話で予約を入れ,相談に行きました。相談員と1時間半ほど相談をして,弁護士に依頼をして債務整理をすることを勧められました。弁護士に知り合いがいないため紹介して欲しいと打診したところ,その相談員から○○法律事務所を紹介され,その場で電話をして予約まで入れてくれました。そして,その日の内に○○法律事務所に相談に行ったのです。」

Fさんは○○法律事務所に行き,現在の負債状況を書き出しました。その後事務所を仕切っている感じの30代後半の事務員と面談をしたそうです。その事務員は,Fさんの負債状況を見て,パッパと返済額の概算を行い,毎月15万円を口座に入金するように指示したということです。相談の間は弁護士は一切立ち会わず,3万円を着手金として支払い,依頼をしました。相談が終わった後にようやく弁護士がやってきたそうですが,その弁護士は体調が悪い様子で,杖をついており,名刺交換のみの簡単なものだったそうです。

私はFさんにとにかく説明会に参加して現状を確認するように伝えました。

『今年こそは,借金の問題を解決しませんか?』

借金の問題を解決するといっても,何から始めてみればいいのか・・・という方へ。
まずは,当事務所で無料でお配りしている小冊子『are you happy?』を読んでみてください!

事情が異なれば,借金問題を解決する方法も異なります。
あなただけに最善の方法が見つかります!

□ご請求は当事務所のホームページから・・・

 → http://www.adire.jp/step/book.html

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

【編集後記】

皆さんこんにちは。

昨日は事務員の1人が先月誕生日だったため,その事務員にせがまれて,南池袋に食事に行ってきました。

南池袋というと,サンシャイン60に移転する前に事務所があった場所です。

事務所があったのは約7ヶ月間という短い間でしたが多くの思い出があり,とても懐かしく思いました。

食べたいということで,南池袋の路地を少しはいった店で天ぷらを食べにいきました。

お店は「ザ・日本料理屋」というたたずまいでしたが,シェフがイタリアンを修行していたということで,和洋折衷のコース。

椀物→お刺身→リゾット(!?)とコース料理が続き,みんなその時点でお腹がいっぱいに。

その後,天ぷら→牛ほほ肉のソテー(!?)→ご飯・味噌汁と続きましたが,食べ終わった後胃がもたれてしまい,全員の感想は「天ぷらが余分だったね・・・」という本末転倒なものでした。

それでも,久しぶりにみんなで楽しい時間を過ごすことができました。

でも,次は天ぷら中心のコースにしようと思います・・・。

【ブログ!】

弁護士・司法書士・事務職員が心温まるブログを毎日更新中!
当事務所のブログ「弁護士と法律事務職員のほのぼのブログ」はこちらからどうぞ!

→ http://blog.livedoor.jp/adire1/

メルマガの内容がよくわからないとか,この場合はどうなんだというようなご質問は,当事務所のホームページから無料でお受けしていますので,お気軽にご連絡下さい。

ページトップへ

アディーレ法律事務所