2010/1/15 ある依頼者の事例<息子がヤミ金から借金>

今回のテーマ
【ある依頼者の事例】

<息子がヤミ金から借金>
Yさんの息子さんは平成8年に人身事故を起こし、被害者の生活費・治療費を払うために借入を始めました。その後息子さんの生活は荒れて借入が増え、あげくの果てにYさんに内緒でヤミ金に7~800万円もの借金をしてしまいました。ヤミ金への返済はままならず、その取立は暴力的でひどいものでした。

Yさんは息子のために貯金をくずしてヤミ金に返済しましたが返しきれず、今度はYさん自身が消費者金融に借金をしてヤミ金に返済しました。残ったのはYさん名義の2~300万円の借金と、息子さんが背負っている交通事故の賠償金を援助するための支払です。
このころYさんには毎月40万円の収入がありましたが、平成21年3月に定年退職を迎え、年金生活となるため先行きの不安を感じ、友人がもっていた当事務所のパンフレットに触発されて、2月に相談にいらしたときには、消費者金融2社から合計90万円の借金がありました。

消費者金融2社とも利息制限法の上限を超えた利率で、借入期間も10年ほどありましたので、借金がゼロになったうえに約180万円の過払い金が返還されました。

<Yさんからひとこと>
昨年から年金生活となり、すべてをこの時点に合わせたように清算できて、安心して生活をすることが可能になりました。先生方から過払い金の返還が濃厚とのお話がありましたので、弁護士費用の件は一切心配していませんでした。私自身は多少問題がこじれたりするのではないかと思っていましたが、予定通りの迅速な対応に正直驚きました。勇気を出して貴事務所にご相談にあがりました。
話をさせていただいて、諸先生の温かさに救われた思いがいたしました。本当に感謝の念にたえません。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

【編集後記】
明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。
さて、先日テレビ朝日の「最強脳No.1決定戦SP」に当事務所の篠田弁護士と参戦してきました(1月9日に放送されました)。
クイズはチーム対抗戦で、本村弁護士らとチームを組み、弁護士チームとして最強クイズパネラーチーム・東大チーム・キャスターチームと優勝を競いました。
残念ながら優勝することはできませんでしたが、楽しくクイズに挑戦することができました。機会があればまたチャレンジしたいと思います!

ページトップへ

アディーレ法律事務所