2011/6/15 ある依頼者の事例 〈物損事故からパチンコ漬けになって借金が増加〉

今回のテーマ
【ある依頼者の事例 〈物損事故からパチンコ漬けになって借金が増加〉】

Fさん(54歳・男性)は16歳で就職し寮生活を始めました。初めて借金をしたのは,28歳のとき車の物損事故を起こし,その修理費等を支払うためでした。それからFさんはパチンコにのめりこみ,お金に対してもずぼらな性格だったので,月給32万円,ボーナスは50万円をもらい,かかった生活費は寮費の月6,000円のみだったにもかかわらず,借金はどんどん増えていきました。

2006年からは不景気のために徐々に減給され,ついに月給22万円に。それでもFさんは2008年に車を購入して,278万円のローンを抱えました。さすがにこの頃にはパチンコを止めたそうです。しかし時すでに遅く,毎月の返済は20万円にまで増えていました。とうとう自転車操業に陥り,どこからいくら借りて,どこにいくら返す……と毎日起きている間は借金のことが頭から離れない生活。2010年に改正貸金業法が完全施行されれば,借入は収入の3割までという,総量規制に引っ掛かることは目に見えていました。

Fさんが当事務所のホームページを見て,お住まいから最も近い当事務所の支店にご相談に見えたときには,借金は8社から計530万円に膨れ上がっていました。ご本人の希望もあり任意整理の手続をしたところ、取引期間が長く金利設定が高かったことから,1社は訴訟になりましたが,合計6社から過払い金が返還され,弁護士報酬を差し引いてもFさんに510万円をお渡しすることができました。

〈Fさんからひとこと〉
事務員の方,弁護士の先生,みな若かったのですが,頼りになりそうな対応でした。パソコンのインターネットで検索したところ,貴事務所のHPを見ていろいろ勉強しました。依頼した翌日から支払がストップし,助かりました。給料日が不安でなくなりました。

和解交渉が進むたびに連絡をいただき,安心していられました。過払い金の返金が500万円もありうれしかったです。借金のできない状況なので助かります。私の地元では,弁護士が勝手に和解してしまったり,過払い返還金をすべて手数料として取られた等の記事があり,やはり専門的にやっている貴事務所に依頼してよかったと思っています。もう半年早く手をうつべきだったとも思います。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

〈編集後記〉
大変残念なことですが,Fさんがご指摘されているように,一部の弁護士・司法書士が不適切な事件処理を行っていることが報道されています。

しかし,当事務所では,依頼者の皆さまの弁護士に対する不安を解消し「アディーレ(ラテン語で『身近な』の意)」という理念を実践するため「5つの安心」をご用意しています。

◎安心その1 豊富な実績があります
これまでに55,000件以上(2011年6月現在)の債務整理の相談実績があります。

◎安心その2 ゆるぎない信頼があります
本店・支店ともに各地域のランドマークタワーに事務所を設置し,所属弁護士・司法書士の顔写真やプロフィールを公開しています。また,テレビ・ラジオ・新聞などへの出演や取材の依頼を多数いただいており,マスメディアからも信頼性を認めていただいています。

◎安心その3 費用を明確にしています
当事務所ではご相談時に明確に費用を提示しています。また,債務整理,交通事故被害のご相談については何度でも無料で行っております。

◎安心その4 プライバシーを厳守しています
当事務所では大規模な法律事務所として国内で初めて「Pマーク(プライバシーマーク)」の認定を受けました。また,ご相談は安心の完全個室対応となっております。

◎安心その5 サービス業であることを徹底しています
弁護士業務はサービス業であることを強く認識し,弁護士・司法書士および事務職員全員がこれを徹底しています。皆さんにとって,弁護士を身近な存在にすることが当事務所の役割です。

詳しくは当事務所のホームページをご覧ください。
当事務所の理念と5つの安心

今後ともアディーレ法律事務所をよろしくお願いいたします。

ページトップへ

アディーレ法律事務所