2012/01/16 ある依頼者の事例 〈収入の激減で,便利なカードの日常使いが借金に〉

今回のテーマ
【ある依頼者の事例 〈収入の激減で,便利なカードの日常使いが借金に〉】

Tさん(35歳男性)は十数年前からショッピング,交通費,アパートの更新料,水道光熱費,NHK・CS受信料等の日常的な支払いをつい便利だからとクレジットカードで支払っていましたが,定期的な収入もあったため,返済は滞ることはありませんでした。

しかし,2年ほど前から不況の影響で,収入が激減。クレジットカードの返済が追いつかなくなり,リボ払いで最低限の額しか返済できなくなってしまいました。生活費も借入でまかなうようになり,カードの利用限度も越えてしまいました。さらに2010年に完全施行された総量規制の影響により,ついにどこからも新たな借入ができなくなった時には借入総額は約350万円にふくらんでいました。

当初は地元の小さな法律事務所に相談しようと勇気を出して問合せメールを送ったTさんでしたが,一切返答がなかったり,断られたりと意気消沈されていたそうです。
そして,以前TVCMで見た当事務所のことを思い出し,ホームページからメールでお問い合わせいただき,ご相談に至りました。

当事務所では,ご相談当時にTさんの収入が不安定だったこと,収入が不安定である前は毎月お支払できていたこと,目立った財産をお持ちでないことから,自己破産(同時廃止)の方針でご依頼を受けることにしました。費用は叔母様がご負担してくれたそうです。
その後無事に免責され,Tさんの借金はゼロになりました。

<Tさんからひとこと>
依頼前は返済の事ばかり考えていて,気の休まらない日々が続いていましたが,返済の心配も無くなり気が楽になりました。債務整理に抵抗を持っている人も多いと思いますが,一人で悩んでいても何も解決しません。取り返しのつかなくなる前に,勇気を持って相談する事をおすすめします。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

〈編集後記〉
定期的な収入がある時は便利なカードも,Tさんのように収入が激減した結果,その支払によって生活面で苦しい思いをされている方は,全国にたくさんいらっしゃるのではないかと思います。
アディーレではそんな全国の多重債務に苦しむ方のお力になれるよう,支店展開を積極的に進めています。

来る1月24日(火),アディーレ法律事務所の18支店目となる京都支店を四条烏丸エリアに開設する運びとなりました。

【アディーレ法律事務所 京都支店】
京都府京都市下京区四条通室町東入函谷鉾町101 アーバンネット四条烏丸ビル4階

ご相談予約の受け付けも開始しておりますので,ご希望の方は,下記までご連絡くださいますようお願いいたします。

受付電話番号:0120-316-742(サイムナシニ)
受付時間 : 朝10時から夜10時まで(土・日・祝日も休まず対応)
今後もアディーレ法律事務所をよろしくお願いいたします。

ページトップへ

アディーレ法律事務所