2012/06/15 ある依頼者の事例 〈法律が変わったことで返済ができなくなってしまった!〉

今回のテーマ
【ある依頼者の事例<法律が変わったことで返済ができなくなってしまった!>】

総量規制という言葉をご存じでしょうか?個人の借入総額が,原則として年収等の3分の1までに制限される仕組み(一部例外 あり)で,2010年に施行されました。この規制により借入ができなくなり,借金返済に行き詰まってしまった方も多くいらっしゃいます。Yさん(34歳女性)も,そのお一人でした。

12~13年程前に,足りない生活費を,ほんの軽い気持ちで消費者金融から借入したのが始まりでした。このぐらいならすぐに返済できる,という安易な考えもありました。そのうち借入可能額を自分の貯蓄残高と錯覚してしまった面も否めません。不足分をこっちで借りて,あっちへ返済する,ということを繰り返すうち総額250万円ほどになっていました。そのうち法律が変わり,新たな借入ができなくなったこ とで返済がますます困難になりました。債務整理は,整理に長けた大手の弁護士でなければ上手くいかないと聞いていたので,携帯の広告で見たアディーレに依頼しようと思いました」

Yさんの総借入額は7社計240万円。引き直し計算(貸金業者の違法な金利を法定金利に直して再計算すること)により,約55万円にまで圧縮が見込めたことから,ご本人の希望どおり任意整理で依頼をお受けすることになりました。

借入額の圧縮が実現したことで月に6万3千円あった返済額も2万円になり,Yさんの生活も安定したものに。なにより,精神的に落ち着いたと喜んでいただけました。地道な返済を続け,ご依頼から1年2ヵ月後にYさんの債務はゼロとなり,長年の借金生活から晴れて解放されました。

<Yさんからひとこと>
もう限界。もう限界。どうしよう…どうしよう…と,何年も苦しんできました。常にお金のことで頭がいっぱいで,不安と焦燥感に押しつぶされそうな毎日でした。思い切って相談したことにより,重圧からやっと解放されました。 弁護士の先生も事務の方も穏やかで親切で,威圧感や横柄さなどはまったくありませんでした。もっと早く,一日でも早くふんぎりがついていれば,こんなにも苦しまなくてもよかったと思っています。気持ちが落ち着いたことで,お金に対する考え方や使い方が変わりました。とても大事に思うようになりました。アディーレさんにお願いして本当によかったと思っています。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

<編集後記>
長年貸金業者との取引があり,それが法定利息を超えた利息での取引だった場合は過払い金が発生している可能性があります。
それにより,Yさんのように今の債務が大幅に減額し,残りを分割で支払う任意整理のお手続きを取ることができます。 もし過払い金が借金の残高よりも多く発生している場合は,その差額を貸金業者に返還請求することになり,お金が戻ってきます。

アディーレ法律事務所では,ご相談前に『過払い金無料診断』のキャンペーンを実施しています。
これはご相談前に「いくら過払い金が発生しているのか」「どれくらい今の借金が減るのか」取引履歴をもとに何社でも無料で法定の利息に引きなおして計算するサービスです。
お電話一本で依頼していただけますので,まずはお気軽にフリーダイヤルまでお電話ください。

ページトップへ

アディーレ法律事務所