2013/01/05 ある依頼者の事例 (夫の両親に経済援助を頼まれ,借入を行い…)

今回のテーマ
【ある依頼者の事例<夫の両親に経済援助を頼まれ,借入を行い…>】

Uさん(38歳女性)が事務所を訪れたのは,このままでは解決しない,どうにかしなければという思いからでした。

およそ6年前,夫の両親から経済援助を頼まれたことがきっかけで,Uさんは銀行から借り入れを行いました。援助のため,用意した額はおよそ100万円。しかし,その後,その夫の浮気が原因で離婚することとなってしまいました。離婚調停を行い,慰謝料と自動車を譲り受けましたが,家賃や離婚時点であった借入に対する返済,また自動車の維持費が原因で借入が増加。気が付けば,債務は360万円までに膨れ上がっていました。

初めは事情がどうであれ,自分が起こしてしまったことだと自身を責めていたUさん。
しかし,このままではどうにもならないという思いから,当事務所のホームページをご覧になり,自己破産でのご依頼となりました。

<Uさんからひとこと>
自己破産は一番嫌な事でした。言い方を変えてしまうと,踏み倒すと思ったからです。
私自身,踏み倒された事があった為,一番避けたい事でした。でも,自分1人では解決出来ない事もあります。借入で困ったり,悩んだりした時は,一歩前に進んでみて下さい。
相談する事で,道が開ける事もあります。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

<編集後記>
Uさんのように,自分の都合で借入をしたのだから,債務整理や自己破産なんて…と自分を責めている方も少なくありません。ご相談だけでも,一度されてみてはいかがでしょうか?皆様によりお気軽にご相談いただけるよう,先月には国内の法律事務所としては全国最多となる四日市支店(36支店目)を開設いたしました。

【四日市支店】12月20日(木)オープン
三重県四日市市諏訪栄町7-34 近鉄百貨店四日市店11F
※近鉄四日市駅直結

電話番号:0120-316-742(フリーダイヤル サイム ナシニ)
受付時間:朝10時から夜10時まで(土・日・祝日も休まず受付中!)

今後ともアディーレ法律事務所をよろしくお願いいたします。

ページトップへ

アディーレ法律事務所