スマートフォンサイトはこちら

「弁護士」と「司法書士」“違い”を詳しく解説!

借金・過払い金の悩み

借金や過払い金の相談相手をインターネットで探してみると弁護士と司法書士が見つかりますが、どちらに相談すべきでしょうか。
実は債務整理の手続や解決方法は相談する相手によって大きく違います。弁護士と司法書士について、違いとメリットをわかりやすくご紹介します。

弁護士と司法書士の違いについて

弁護士と司法書士 まず弁護士と司法書士の違いについてご説明します。弁護士は身近に起きる事件やトラブルについて法的なアドバイスをし、ときには代理人として相手方と交渉を行うなど法律であなたを守る人です。これに対し、司法書士は不動産や会社などの登記を行うことが本来専門の人です。弁護士と司法書士の仕事内容には、このように大きな違いがあります。

つぎに債務整理における違いについてご説明します。弁護士は債務整理の法律相談はもちろん、代理人として貸金業者との交渉や訴訟ができます。それに対し、司法書士(正しくは「認定司法書士」のみ)は個別の債権額(借金および過払い金)が140万円以下に限り、法律相談、交渉、訴訟ができるとされています。

下記の表に弁護士と司法書士の違いについてまとめてみました。

弁護士と司法書士の違い 借金や過払い金など債務整理のすべてをトータルサポートできるのは弁護士だけです!

過払い金の返還手続・任意整理を弁護士に依頼するメリット

過払い金の返還手続や任意整理を依頼する場合、弁護士と司法書士、どちらに相談すべきでしょうか。
ここでは弁護士に依頼するメリットをご紹介します。

限度額に制限なくお役に立てます!

貸金業者などからの個別の借金の額および過払い金が140万円を超える場合、司法書士には交渉権や訴訟代理権がないとされています。いっぽうで弁護士は金額に制限なく、依頼者の方に代わって最後まで貸金業者と交渉を行うことができます。

早期に過払い金の返還が期待できます!

司法書士は地方裁判所の代理人になることはできませんが、弁護士はなることができます。140万円を超える過払い金の回収のために地方裁判所に訴訟を提訴した場合、貸金業者も弁護士費用がかかるため早めに和解に応じる場合があり、早期の返還が期待できます。

納得いく金額を回収します!

司法書士には担当できる個別の債権額に限度があるため、回収できる過払い金に制限が存在しますが、弁護士には制限なく対応することが可能です。

お電話 ゼロイチニーゼロサイムナシニ0120-316-742 通話料無料 土日祝日も朝10時から夜10時まで受付中!
メール 24時間受け付けております! お問い合わせはこちら

過払い金の返還手続・任意整理を弁護士に依頼するメリット

自己破産・民事再生を依頼する場合、弁護士と司法書士、どちらに相談すべきでしょうか。
ここでは弁護士に依頼するメリットをご紹介します。

申し立てから裁判のやり取りまでフルサポートいたします!

自己破産や民事再生は地方裁判所に申し立てを行う必要があります。司法書士は代理人になることができませんので申し立てから裁判官とのやり取りまで複雑な対応をご自身で行わなければなりません。それに対し、弁護士は代理人としてフルサポートいたします。

早期に手続完了が見込めます!

東京地方裁判所で破産手続をした場合、代理人になることができない司法書士では手続完了まで6ヵ月程度かかります。それに対し、代理人になることができる弁護士なら即日面接制度が利用でき、申し立てから3~4ヵ月程度と早期に手続完了が見込めます。
※東京地方裁判所以外の裁判所では、各裁判所の運用によります。また、申し立てから手続き終了までの期間は、個別の事案により異なることがあります。

手続も簡略化し、費用(予納金)も安くなります!

司法書士に依頼し、東京地方裁判所で本人申し立てをした場合、裁判所へ支払う管財事件の予納金は最低でも50万円以上となり、手続も複雑になります。いっぽう、弁護士に依頼した場合、代理人となれるため少額管財手続が可能で、予納金は20万円で済み、手続も簡略化します。
※東京地方裁判所以外の裁判所では、各裁判所の運用によります。また、少額管財手続きが利用可能であるかは、弁護士による申し立てであるほか、個別の事案の性質により決せられます。詳しくはこちらをご覧ください。

お電話 ゼロイチニーゼロサイムナシニ0120-316-742 通話料無料 土日祝日も朝10時から夜10時まで受付中!
メール 24時間受け付けております! お問い合わせはこちら

ページの上部へ