スマートフォンサイトはこちら

弁護士 藤居 貞子のご紹介

弁護士 藤居貞子

藤居 貞子 (ふじい さだこ)

資格
弁護士
所属
東京弁護士会
出身
滋賀県
出身大学
京都大学経済学部

ご挨拶

インタビュー動画を再生する

報道を見たり法律事務所を見学するなどして,弁護士の仕事を知るうちに,私も依頼者の方の人生の岐路において,共に悩み共に前へ進んでいく弁護士になりたい,と考えるようになり,弁護士になりました。

依頼者の方の力になりたいと思っておりますので,困ったことがあれば,何でも気軽に相談してください。
ひとりで悩むことほど辛いことはありません。相談すれば解決できることはたくさんあります。共に悩んで,共に解決していきましょう。
皆さまがよき再スタートを切れるよう,全力で取り組んでまいります。

出演および取材協力番組

ラジオ

その他の出演番組
  • 宮地佑紀生の聞いてみや~ち(東海ラジオ)

私のキーワード

藤居貞子

その1 「人は変われる」

 以前,少年事件を担当したときのことです。まだ10代の少年ですが,複雑な家庭の事情から自暴自棄となって非行を繰り返し,事件を起こしていました。

 私が担当した当初は,少年は何事にも投げやりで,ろくに話もしてくれない状態でしたが,私は人は変わることができると信じ,何度も少年と向き合いました。
 すると,少年は少しずつ私に心を開くと同時に,自分自身を見つめ直すようになり,周囲に対しても考えを改めるようになりました。
 そして,少年は自分の進むべき道が見えてきたのか,ついには将来に対して希望をもち,更生することを決意するようにまでなってくれました。

 私はこの事件を通して,「人は変われる」ということを目の当たりにしました。
 私自身も学ぶことが多く,とても印象深い事件でした。

その2 「電車」

 新司法試験の受験資格を得るために,法科大学院を卒業しましたが,私は滋賀の自宅から神戸の法科大学院まで,往復4時間かけて電車通学していました。それに加え,私はアルバイトもしていたため,机の前に座って勉強するという時間が,ほとんどありませんでした。そのため,法科大学院を卒業するまでの2年間,電車の中でペンを片手に,六法や参考書をめくって必死に勉強をする毎日でした。
 今でも電車に乗ると,つい何かしなくては,と思ってしまいます。

その3 「時間を楽しむ」

 休日は,自分ひとりの時間をのんびりと楽しんでいます。音楽をイヤホンで聴いてその世界を楽しんだり,お風呂に浸かって何も考えずにボーッとしたり,室内やベランダにある植物をしげしげ鑑賞したり,美味しいものをたっぷりと食べたり,雑貨屋さんをぶらぶらしたりしています。時間があれば,自然がいっぱいあるところに行き,リフレッシュしています。

ページトップへ

アディーレ法律事務所