スマートフォンサイトはこちら

弁護士 福永 臣吾のご紹介

福永 臣吾

福永 臣吾 (ふくなが しんご) 鹿児島支店

資格
弁護士
所属
鹿児島県弁護士会
出身
熊本県
出身大学
慶應義塾大学経済学部
一橋大学法科大学院
所属委員会等
消費者問題対策委員会
人権擁護委員会

ご挨拶

福永 臣吾

弁護士という職業は知っていても,弁護士ってどういう人たちなのか,イメージがわかない方が多いと思います。私自身がそうでした。敷居が高いというイメージを持っていらっしゃるかもしれません。しかし,弁護士は,トラブルに巻き込まれ,困った方々の力になりたいと思った人がほとんどです。何かトラブルに巻き込まれたら,どうぞご相談ください。相談してよかったと感じていただけることが,私の目標です。

私のキーワード

福永 臣吾

その1 「スポーツ観戦」

 私自身,大した運動神経がなかったせいか,スポーツを見るのが大好きです。野球,サッカー,テニスなどいろいろなスポーツを見ます。オリンピックやサッカーW杯の開催期間中は,リアルタイム観戦にこだわりすぎたため,日本にいるのに時差に苦しんでいました。私には到底できないプレーを当然のようにこなす選手たち。そのプレーをするために,どれほどの練習をしてきたのか,想像するだけで彼らへの尊敬の念が高まってきます。これぞプロ。私も,日々の鍛錬を怠ってはいけないと自戒するばかりです。

その2 「お酒」

 私は,球磨焼酎(米焼酎)の産地 熊本県人吉市出身です。そのせいなのかは不明ですが,お酒が好きでたまりません。しかも,どのお酒もまんべんなく飲むというタチの悪さを発揮しています。さらに,酔ってくるとひたすら爆笑している始末です。たまに私ひとりしか笑っていないことがあります。世界のビールやワインをはじめ,日本酒,焼酎など,まだまだ飲み足りません。「痛風にはなるな」という先輩弁護士からの金言を胸に,今日もアルコールが進みます。

その3 「出会い」

 弁護士になるまで,多くの方々に助けられ,支えられて生きてきました。よい方々に巡り会えたことが,私の大きな財産です。よい方に出会えるかは運かもしれませんが,出会った方と長く付き合えるかは自分次第です。出会った方と話し,教えられ,ときには議論をして,自分自身の教養や知識,考えを深めていくことが重要だと思っています。会話の片隅に,そっとビールが添えてあるのは言うまでもありません。

ページトップへ

アディーレ法律事務所