スマートフォンサイトはこちら

弁護士 林 頼信のご紹介

林 頼信

林 頼信 (はやし よりのぶ)

資格
弁護士
所属
東京弁護士会
出身
東京都
出身大学
慶應義塾大学法学部

ご挨拶

林 頼信

どのようなことに関しても,最初の一歩を踏み出すには,すこし勇気が要ります。それが法律問題であれば,なおさらです。また,法律事務所や弁護士というと,何となく近寄りがたいと感じる方も少なくないと思います。私も,弁護士になる前はそうでした。しかし,法律事務所とかかわりをもつこと,弁護士に相談することに対して,身構える必要はまったくありません。緊張や遠慮もなさらないでくださいね。「こんなことを聞いたら恥ずかしいんじゃないか」などと心配することもありません。等身大のご自分のままで大丈夫です。私も気取らずに,皆さまの問題の解決に向けて,精一杯取り組みます。

私のキーワード

林 頼信

その1 「会社員時代」

 住宅設備機器メーカーの会社員だった頃,業務を通じて出会った弁護士の方々に影響を受けて,弁護士を目指すことにしました。当時の私は法務部に所属していたのですが,社内では結論の出ない法律問題について,短時間で的確な判断を下す弁護士の姿を目の当たりにして,専門家というのはすごいものだと思いました。他方,個々の弁護士によって話し方はさまざまで,すこしわかりにくいと感じた説明もありました。そのほか,営業を6年間経験したこともあり,取引先の企業から一般消費者の方まで,さまざまなお客さまと接し,営業活動やクレームへの対応などを行ってきました。以上の経験から,私は,弁護士業においても,相談者の方・依頼者の方が置かれている立場・状況をよりよく理解するよう努め,わかりやすく迅速な対応を心掛けたいと考えています。

その2 「温泉旅行」

 温泉が好きです。温泉マニアで泉質にもこだわるというわけではありませんが,東京から離れて温泉に浸かると心身ともにリラックスでき,日本人で良かったなぁと実感する瞬間です(海外にも温泉はありますが…)。温泉旅館に2泊もできれば最高ですね。司法試験の受験時代は,娯楽も極力控えて勉強に励んでいましたが,それでも1年に1回か2回,両親と伊豆や群馬など近場の温泉に行くことはありました。地味ですが,最高の気分転換になりました。私が気に入っているのは,栃木県の川治温泉です。東京からも比較的近く,湯量も豊富です。

その3 「音楽鑑賞」

 ブラックミュージックやハードロック,ヘヴィメタルなど,ジャンルは一貫しませんが,刺激的な音楽が好きです。小学校の高学年の頃,家にステレオがなかったため,両親にラジカセを買ってもらい,好きなミュージシャンのカセットテープを購入して聴いたり,FMラジオから曲を録音して聴いていました。現在でも,好きなCDを手元に置いておきたいという気持ちがどうしてもあり,音楽データのダウンロード購入や,毎月一定額で音楽が聴き放題となるサービスなどには,まだすこし抵抗があります。また,高校生の時に挫折してしまったエレキギターを,初心者向けのギター教室に通うなどして,きちんと弾けるようになりたいと思っています。

ページトップへ

アディーレ法律事務所