スマートフォンサイトはこちら

伊藤 修太のご紹介

伊藤 修太

伊藤 修太 (いとう しゅうた)

資格
弁護士有資格者(登録申請中)
出身
沖縄県
出身大学
慶應義塾大学法学部
法政大学法科大学院

ご挨拶

伊藤 修太

「困った人を助けたい」。そんな想いから,弁護士になりました。今は,インターネットで法的トラブルに関するさまざまな情報を得ることができます。しかし,地域や事件の経過などの微妙な事情の違いによって,対応の仕方・解決方法が変わってきます。そのような個別の事情を踏まえた解決策を探り実現していくために,私がお役に立てるのです。あなたの問題について,ひとりで悩まず,ぜひ,気軽に相談ください。お待ちしております。

私のキーワード

伊藤 修太

その1 「人間万事塞翁が馬」

 「人間万事塞翁が馬」を座右の銘にしております。司法試験に合格できなかったときは,お先真っ暗になりました。しかし,幸いにもその後,再度受験し,合格することができました。まさに,「人間万事塞翁が馬」,人生の禍福は転々として予想できない。困難な問題であっても,それがいつまでも続くわけではなく,好転の糸口はあるのです。この言葉を胸に,どんな問題であっても好転の糸口を見つけることができるよう努力していきたいと考えております。

その2 「1秒前の自分に勝つ」

 「1秒前の自分に勝つ」。司法試験に合格して有頂天になっているとき,この言葉を見てはっとさせられました。この言葉は,あるプロバスケットボールチームの選手のコメントとして新聞記事に記載されたものでした。バスケットボールと弁護士業。業務内容はまったく異なりますが,うまくいかないところを修正してできるだけ短期間でよい結果を目指す点は共通するのではないでしょうか。365日,1分1秒,自分の改善すべき点を見つめ直して,よりよい法的サービスが提供できるよう,精進して参りたいと思います。

その3 「趣味」

 小・中・高と,近所の道場で空手を習って,体だけでなく心も鍛えてまいりました。また,幼少期よりバイオリンを習っており,大学4年間はオーケストラに所属しておりました。さらに,中・高では卓球部に所属しておりました。よい仕事を長く継続できるようにするためには,気分転換・心身のリフレッシュの機会も重要です。趣味を適度に活用していけたらと考えております。

ページトップへ

アディーレ法律事務所