スマートフォンサイトはこちら

弁護士 岩崎 優貴のご紹介

岩崎 優貴

岩崎 優貴 (いわさき ゆうき)

資格
弁護士
所属
東京弁護士会
出身
東京都
出身大学
早稲田大学政治経済学部
明治大学法科大学院

ご挨拶

岩崎 優貴

アディーレ法律事務所は,数多い法律事務所の中でも,依頼者の方に対するサービス精神が際立っており,それを実現するための制度をしっかりと構築している法律事務所です。夜遅くまで相談可能な体制と,それを可能にするための物的・人的要素の充実は,正に顧客サービスに向けた誠意の表れであると感じていました。私も,そのような姿勢で,ご依頼くださる皆さまのお力になれるよう,鋭意努力を重ねてまいります。

私のキーワード

岩崎 優貴

その1 「健康」

 健康であることは,社会人として精度の高い仕事を継続的に行ううえで不可欠の要素です。プロ野球のイチロー選手のドキュメンタリーなどを見ていると,真のプロフェッショナルであるほど,そのための準備を念入りに行っているように思います。私も,毎年の目標の第一を「健康」とし,栄養・睡眠・保温の維持に努め,プロフェッショナルとして,弁護士の職務をまっとうできるようにしていきます。

その2 「鉄道の旅」

 子どもの頃から,鉄道が好きでした。電車に揺られて車窓から風景を眺めたり,駅の改札口で出入りする人たちを見ていたり,列車が来たり行ったりする様子を眺めていると,ここにも人の生活があるんだなぁ,世の中は回っているんだなぁなどと思い,癒されます。また,いろいろな場所を自分の脚で訪れ,自分の目で見ることで,その場所の外を歩く人の数,お店の閉まる時間帯,交通事情など,地図では知ることのできない情報を知ることができ,見聞の広がる思いをしています。

その3 「男はつらいよ」

 テレビで放送されるものを録画して見るだけですが,映画はよく見ます。特に,昭和の頃の古い映画には,なぜか引き込まれる魅力があり,今年も「座頭市」や「社長」シリーズなど古い作品と新しい出会いをしました。その中でも,昔から「男はつらいよ」シリーズをよく見ており,全作品を5回ずつ位は見ています。笑いあり,涙ありの,まさに娯楽映画の真骨頂であり,見終わった後は,気持ちがスッキリして,「またがんばろう」という気持ちになります。

ページトップへ

アディーレ法律事務所