スマートフォンサイトはこちら

弁護士 鴨下 卓治のご紹介

鴨下 卓治

鴨下 卓治 (かもした たくじ) 四日市支店

資格
弁護士
所属
三重弁護士会
出身
東京都
出身大学
明治学院大学法学部
明治大学法科大学院
所属委員会等
司法修習委員会
刑事弁護委員会

ご挨拶

鴨下 卓治

私は,中学生のとき,身近な人に裏切られトラブルになったことから,弁護士になろうと決意しました。当時は,裁判を起こすと世間体が悪いという理由で訴訟は行いませんでした。そのことは後悔していないわけではありません。今でもあの時訴えていればどうなっただろうと思うことがあります。その時の経験から,トラブルに巻き込まれ困っている人を多く助けるのが私の使命だと思っています。

私のキーワード

鴨下 卓治

その1 「多くの人に法の助力を」

 私は,自分自身が弁護士を目指したいきさつから,できる限り多くの方に,弁護士の手助けが必要だと思っています。それが多くの方の手助けをしてきた当事務所に入所した動機です。人間は,大きなトラブルが起こってしまうと,視野が狭くなってしまいがちです。頼る人が限られているといっそうその傾向が強いものです。とにかく法律問題で困ったことがありましたら当事務所へご相談ください。

その2 「スピード」

 司法修習(司法試験合格後に裁判所や弁護士事務所などで行う研修)で,弁護士の仕事はスピード勝負であることに驚きました。問題が解決しない日々は当事者の方にとってつらいものです(実体験から)。もちろん,何でも早く終わらせればよいというものではありませんが,弁護士として最良かつ最速で仕事に取り組みたいです。

その3 「ゲーム」

 小学生のころ,将棋が強い友人に稽古をつけてもらっていました。最近は将棋をさすことはありませんが,そのころの影響か今はゲームを好んでプレイしています。いわゆるボードゲームというもので,大人が数人で遊ぶような戦略性の高いものです。不思議なものでゲームをしていると最終的な勝ち負けと,その場その場のよい落としどころが見えてくるようになってきます。裁判と共通するところがあるな,と思っていつも勉強させられます。

ページトップへ

アディーレ法律事務所