スマートフォンサイトはこちら

弁護士 菅野 澄人のご紹介

菅野 澄人

菅野 澄人 (かんの すみと) 町田支店

資格
弁護士
所属
東京弁護士会
出身
神奈川県
出身大学
中央大学理工学部
中央大学大学院法務研究科
所属委員会等
災害対策委員会

ご挨拶

菅野 澄人

何かトラブルに遭遇したとき,まずはインターネットで検索するという方が多いのではないでしょうか。インターネット上ではさまざまな体験談を見ることができます。しかし,本当の解決策を得られることは少なく,結局,こんなことで弁護士に相談するなんて…と思ってしまう方が多いのではないでしょうか。弁護士の敷居が高いという時代は終わりました。私は,どんなに些細なお悩みであってもご相談に来ていただいた方のお話を親身にお聞きいたします。ぜひ,お気軽にご相談ください。

私のキーワード

菅野 澄人

その1 「登山」

 山頂には,重い荷物を持って何時間も歩き続けたからこそ得られる達成感があります。暑い夏に山小屋で飲むビールは居酒屋のビールとは一味違い,寒い冬にテントで飲むスープはレストランのスープよりも心も体も温めてくれます。日中は壮大な景色を,夜は満天の星空を,夜明けには尊い太陽に出会うことができます。山にはほかにもまだまだたくさんの魅力があると思います。一度,山の魅力を知ってしまうと,そこに山があれば登らずにはいられなくなってしまいます。

その2 「カメラ」

 ファインダーを通して観る物は,私たちが日常見ている物であっても違った姿を見せてくれます。花びらの上で輝く雫,動物が見せる一瞬の表情など日常生活では気付けないところに素敵なものを発見できます。カメラを始めたきっかけは光学に興味を持っていたためでしたが,今ではファインダーの中の世界に夢中になってしまいました。もちろん,山に登るときにはカメラと三脚を担いでいます。素敵な写真を求めていろいろなところに行ってみたいです。

その3 「グルメ」

 初めて海外に行ったときに,日本で生まれ育って何より恵まれていたと思ったのは,とにかく日本の食事はおいしいということでした。それからというもの,毎年最低1回はグルメ目的に国内旅行に行っています。特に,新鮮でなければ食べられないような海の幸や,水のおいしい地域ならではのお酒やお蕎麦など,ご当地グルメを求めて日本各地を旅したいです。1年間にできる食事の回数はおよそ1000回ぐらいだと思うので,すこしでも多くおいしい食事をしたいと思っています。

ページトップへ

アディーレ法律事務所