スマートフォンサイトはこちら

弁護士 小林 正幸のご紹介

小林 正幸

小林 正幸 (こばやし まさゆき) 都城支店

資格
弁護士
所属
宮崎県弁護士会
出身
兵庫県
出身大学
大阪市立大学法学部
関西学院大学大学院司法研究科

ご挨拶

小林 正幸

人は生きていると,ある日突然予期せぬ法律トラブルに巻き込まれ,昨日までとは180度違う生活環境のもとで途方に暮れてしまうことがあります。そんな時,お気軽に弁護士に相談してください。皆さまの納得がいくまで,とことんお話を聞かせていただきます。どうか,ひとりで悩まないでください。

私のキーワード

小林 正幸

その1 「交通事故」

 高校2年生の時,自転車に乗っていたところ,ダンプカーに巻き込まれる事故に遭い,右足に後遺症が残ってしまいました。1年近く入院し7回ほど手術を受け,ようやく退院したら高校留年,中退…転がり続ける人生で,数年間は,現実を受け入れられず荒れ狂い刹那的な毎日でした。その後30年近く経ち,弁護士になることができました。今は,当時の私と同じような痛みや悲しみで苦しい思いをしている人の役にたちたい,他人の痛みのわかる弁護士になりたいと思っています。

その2 「放浪癖」

 子どもの頃から無鉄砲で,当てもなくひとり旅に出ることが好きでした。20代の若かりし時,24時間あれば,車でどれだけ走れるだろうか?そんな疑問にかられて,青森から高速を一度も降りずに九州の宮崎まで2100キロを走破しました。今思えば,ただのガソリン垂れ流しなんですが,当時は,今日一日で走行距離世界一と自己満足に浸っていましたね。

その3 「がんばろう神戸」

 神戸で生まれて45年間,一度も神戸を離れたことのない生粋の神戸っ子でした。ふるさとを思うと,どうしても震災抜きで神戸を語ることができません。震災から20年以上が経ちますが,まだまだ住民の心の傷は癒えたとはいえません。ただ,あの時の何ともいえない絆みたいなものは,神戸を離れても繋がっています。あの時の経験をした弁護士として,さまざまな被害者の方に向き合っていきたいです。

ページトップへ

アディーレ法律事務所