スマートフォンサイトはこちら

弁護士 杉田 浩之のご紹介

弁護士 杉田浩之

杉田 浩之 (すぎた ひろゆき)

資格
弁護士
応用情報技術者
所属
東京弁護士会
出身
埼玉県
出身大学
早稲田大学法学部
明治大学法科大学院
所属委員会等
弁護士研修センター運営委員会

ご挨拶

インタビュー動画を再生する

人生では,ちょっとしたきっかけから,トラブルに巻き込まれて,自分だけではどうしようもない状況に陥ってしまい,そこからなかなか抜け出せないことがあります。ひとりで悩んでいると,とてもつらいですよね。
でも,弁護士に相談してみると,自分では気づかなかった解決の糸口が見つかることがあります。ですから,そのお悩みをお聞かせいただけませんか。あなたがトラブルを乗り越えて,笑顔を取り戻すための,お手伝いをさせてください。

私のキーワード

杉田浩之

その1 「楽器屋さん」

 私は,大学3年生の夏から旧司法試験の勉強を始めて,大学4年生の5月には択一試験に合格し,論文試験へと進むことができましたが,その年の秋に父が脳梗塞で倒れてしまいました。
 私の実家は,創業100年以上続く老舗楽器店です。
 父の代わりとして,お客さまの接客から,トラックを運転しての配達まで,自分でできることは何でもしましたので,さまざまな社会経験を積むことができました。また,クラシックを中心に音楽には,かなり詳しくなりました。モーツァルトは,依頼者の好み・演奏技量に合わせて作曲したそうです。私も,依頼者の皆さまのお話を丁寧に聴き,それぞれの事情に合わせて,よりよい解決方法を見つけていきたいと思っています。

その2 「人生再スタート」

 楽器店でお客さまの接客をしていたある日,私が以前,法律の勉強をしていたことが話題に上ると,法律関係の仕事に就かれているお客さまが,とても親切に,ロースクールへの進学をアドバイスしてくださったのです。再び法律の勉強を開始し,ロースクールへ進学することについては悩みましたが,楽器店経営も軌道に乗せることができたのだから,新司法試験も乗り越えてみせると,進学を決意するに至りました。
 こうしたきっかけで,私は,再び弁護士を目指し,人生の再スタートをしました。今の私があるのは,そのお客さまのアドバイスがあったからです。今度は,私が,皆さまの再スタートのお役に立つ番です。

その3 「サイエンス」

 私は,小さい頃から,科学(サイエンス)の分野に興味があり,今でも天体観測やプラネタリウムに出かけます。また,高校時代は科学部の部長だったこともあり,動くリニアモーターカーの模型を製作したり,液体チッソを使った超伝導の実験をしたこともあります。
 ですから,新たな分野への挑戦は胸がわくわくします。
 このような経歴からか,宇宙で待ち受けるさまざまな困難をチームワークで乗り越える,「スター・トレック」という海外ドラマが大好きです。
 皆さまが目の前の困難を乗り越えるために,私にお手伝いをさせてください。

ページトップへ

アディーレ法律事務所