スマートフォンサイトはこちら

弁護士 砂原 惣太郎のご紹介

砂原 惣太郎

砂原 惣太郎(すなはら そうたろう) 高松支店

資格
弁護士
所属
香川県弁護士会
出身
東京都
出身大学
上智大学法学部
上智大学法科大学院

ご挨拶

砂原 惣太郎

深刻な法的問題に直面している方々にとって,その悩みを自分以外の者に打ち明けることは,とても勇気の要る行動です。勇気ある依頼者の皆さまのご期待に応えるべく,持てる力を最大限発揮して,問題の解決に向かって努力してゆく所存です。そのために,依頼者の皆さまに共感する姿勢を,常に持ち続けていきたいと考えております。どうぞよろしくお願いいたします。

私のキーワード

砂原 惣太郎

その1 「お酒」

 実家が酒屋ということもあり,幼少期からお酒に囲まれた生活を送っておりました(もちろん,子供の頃から飲んでいたというわけでは,決してありません)。成人して嗜むようになってからは,お酒が好きになり,ビール,日本酒,焼酎,ワインなど,これまでいろいろな種類を試してきました。自分の知らない種類,銘柄のお酒に対する興味は尽きず,居酒屋に入ると,つい飲み物メニューを熟読してしまい,一緒に入った友人に不思議に思われることも,しばしばあります。お酒の席は,人と人が打ち解けあいながらコミュニケーションを深める絶好の場ですので,これからも上手に(飲みすぎないように)お酒と付き合っていきたいと考えております。

その2 「料理」

 最近になって自炊するようになり,お酒に合う料理を作ることに凝っています。まだまだ初心者なので,煮物や炒め物といった比較的作りやすい料理が中心です。同じ料理でも素材・調味料の配合や分量を変えることで,まったく違った彩りや味付けに変化するのがとても楽しく,料理本などのレシピを参考にしながら,自分なりのアレンジを日々模索しています。

その3 「スーパー」

 自炊するようになってからは,スーパーマーケットによく立ち寄ります。食品や調味料の値段相場がわかるようになるにつれ,野菜の旬の時期や特売セールの時間帯についても敏感になり,節約の意識がだいぶ芽生えるようになりました。スーパーいち押しの珍しい果物を手に取ったときなどは,今まで知らなかった世界を開拓しているようで,とても新鮮な気分になります。また,レジ担当の方と顔見知りになり,何気ない会話でほっこりとした気持ちになることも,スーパーに行く楽しみのひとつです。

ページトップへ

アディーレ法律事務所