スマートフォンサイトはこちら

弁護士 寺口 飛鳥のご紹介

寺口 飛鳥

寺口 飛鳥 (てらぐち あすか) 姫路支店

資格
弁護士
所属
兵庫県弁護士会
出身
東京都
出身大学
創価大学法学部
駿河台大学法科大学院
所属委員会等
消費者保護委員会
住宅紛争審査会
紛争解決センター処理委員会

ご挨拶

寺口 飛鳥

私は学生の頃,家族がトラブルに巻き込まれ,理不尽な状況に置かれて苦労した姿を見て育ちました。そういった経緯から,理不尽な思いを強いられている方々の力になりたいという思いを抱くようになり,社会正義を実現する存在というイメージがあった弁護士を目指すようになりました。弁護士として,いつでも,どんなに小さいと思う悩みでも,すぐに対応し,依頼者の方の力になれる身近な存在でありたいと考えています。

私のキーワード

寺口 飛鳥

その1 「読書」

 私の趣味は,分野にかかわらずさまざまな本を読むことです。政治,経済,投資,歴史,ノンフィクション,小説など,さまざまなジャンルの本を読みます。最近は特に経済や歴史に関する本をよく読みます。経済に関する本を読むと,今までまったく意識していなかった事実と事実との因果関係がみえてきますし,歴史の本を読むと,ある出来事についてさまざまな人のかかわりや,その人が何を思って生きていたのかという点に触れられ,歴史上の事実が単なる文字や文章ではなく,人と人の人生が映像として頭に浮かんでくるように感じられます。そういった点がとても面白く,また感動することも多いことから,はまっています。

その2 「ダンス」

 学生時代,私はサークルでブレイクダンスをしていました。1年強ほどではありましたが,同じサークルのメンバーと学祭などでショーに出たこともありました。どのスポーツもそうだと思いますが,ブレイクダンスも,練習は比較的地味で忍耐力がいります。そして,1回数分のショーに対して何十時間も練習を繰り返して,完成に至るのですが,ショーが終わった後の爽快感や,仲間との連帯感は,今でも忘れられないかけがえのない思い出です。最近は運動不足ですので,また練習を始めてみようかと思っています。

その3 「名前」

 私は下の名前が「飛鳥」といいます。男にしては珍しい名前ですので,すぐに憶えていただけるのがとても有難く,命名してくれた母にとても感謝しています。ただ,小さい頃はよく先生から,ちゃん付けで呼ばれることが多く,当時はとても恥ずかしくてこの名前がすこし嫌でした。名前の由来ですが,私は1985年生まれですので,CHAGE and ASKAの影響を受けて命名したのではないか,と母に対して質問したことがありますが,それは絶対にないそうです。

ページトップへ

アディーレ法律事務所