当事務所の弁護士・司法書士紹介

渡邉 祐亮

弁護士渡邉 祐亮

わたなべ ゆうすけ

函館支店
資格 弁護士
所属 函館弁護士会
出身 埼玉県
出身大学 早稲田大学法学部,東京大学法科大学院
所属委員会等 非弁民暴業務妨害対策委員会,犯罪被害者支援委員会,子どもの権利と法教育委員会,北方圏交流委員会

ご挨拶

私は,平穏とか静謐とかいったことをこよなく愛しております。それゆえに,借金問題や交通事故などをはじめとする紛争に直面されている依頼者の方々が,平穏な生活を取り戻すためのお手伝いをさせていただく弁護士業には,大きなやりがいを感じています。ご自分だけで悩まれていると,問題が必要以上に深刻で,大変なことに見えてきてしまいます。生活の平穏を乱すような問題があると思われるときは,まずは法律の専門家である私たちにご相談いただければ,と思います。

私のキーワード

その1「弓道と合気道」

私は,中学高校の6年間は弓道部に所属し,大学の4年間は合気道サークルに所属して,各武道の稽古に励んでまいりました。いずれの武道も,「的に当てよう」とか「相手を投げよう」といった意識があると,とたんにうまくいかなくなるという点で共通していたように思います。この経験は,私の勝負勘を磨くのに大いに役に立ちました。東大法科大学院の入試や司法試験などの修羅場を切り抜けることができたのも,もしかすると学生時代の稽古のおかげかもしれません。

その2「フランス語」

大学時代,語学の先生に恵まれたことから,フランス語の勉強に傾倒していました。学部時代は六法を開いていた時間と,仏和辞典を開いていた時間のいずれが長いかわかりません。アルベール・カミュの「異邦人」「ペスト」といった小説は,何度も読み返してしまうくらい好きな作品ですが,手始めに「異邦人」の原書を仏和辞典を片手に読んでいます。和訳版から感じた,淡々とした客観的叙述でありながら感情を揺さぶってくるという魅力が,原書であるとより鮮明になっているので,なかなか止められそうにありません。

その3「お笑いコンビ サンドウィッチマン」

お笑いコンビのサンドウィッチマンが,2007年度のM-1グランプリで優勝したのをリアルタイムで見て以来,彼らのネタに魅了されてしまいました。どのネタもしっかり面白く,しっかり笑わされてしまう。よく作りこまれたネタの展開,突っ込みの間の取り方など,これがプロの仕事かと圧倒されます。実際にライブに行ったこともありますが,今後ともサンドウィッチマンからプロ根性を学ぶ意味でも,業務に差し支えない限りは,勉強してまいりたいと考えております。

弁護士・司法書士紹介へ戻る

0120-316-742 朝10時~夜10時・土日祝日も受付中

債務整理に関するご相談は
何度でも無料です。
お気軽にお問い合わせください。