スマートフォンサイトはこちら

弁護士 山口 達生のご紹介

山口 達生

山口 達生 (やまぐち たつお)

資格
弁護士
所属
東京弁護士会
出身
兵庫県
出身大学
大阪市立大学経済学部
神戸大学大学院法学研究科

ご挨拶

山口 達生

私は,弁護士とは依頼者の方の不安を解消するためにのみ存在すると考えています。それゆえ,依頼者の方には,弁護士が100%依頼者の方の味方であるということを理解してもらうことが大事だと考えています。私たち弁護士は,常識や道理を説くような高尚な存在ではなく,依頼者のそばに寄り添い,その言い分をともに主張する存在です。そのように依頼者の方に考えていただくためには,弁護士と依頼者の方との相互理解が重要です。だから,まず一緒に話をしましょう。話してみないと理解も信頼もできないと考えています。ひとりで悩むことなく,まず私たちにあなたの悩みを共有してください。

私のキーワード

山口 達生

その1 「サッカー」

 小学校,中学校,高校,大学とずっとサッカー部に所属していました。サッカー歴では30年を超えています。それだけ長くしていると,さぞ上手いと思われることもありますが,私のポジションは主にCBでした。CBといっても,センターバックではなく,センターベンチです。つまり30年ずっと補欠ということです。しかし,下手であってもレギュラーでなくとも,自分が好きで選んでいることについて,がんばって練習をして,勝利を目指すことへの情熱は人一倍強いと思っています。私は,サッカーで培った,どんな状況でも手を抜くことなく努力するということは,弁護士業においても活かしていけると確信しています。

その2 「しつこい」

 私はしつこい性格をしています。中学受験をした時も,30歳目前で弁護士になろうとロースクールに行くことに決めた時も,周囲の人は,目標が無謀なので考え直すことを薦めました。しかし,私は,あきらめることなく,結果的に中学受験でも司法試験でも自分の望む結果を出してきました。私は,自分が一度決めたことはどれだけ時間がかかっても,決してあきらめません。これから先もこのしつこさを自分の武器としてがんばっていきます。

その3 「好奇心が強い」

 周囲の人に言わせると,どうやら私は好奇心が強い性格をしているようです。知らない町や面白そうな駅名を見掛けると,目的もなく下車しますし,美味しい店を開拓することも大好きです。また,知識を新しく得ることも好きです。歴史や政治などの固いことに限らず,ダイビングなどのレジャーから娯楽に至るまで,自分の知らない知識に触れる時のワクワク感を大事にしています。30歳代も半ばを過ぎていることから,これから先も,常に新しいことにチャレンジして刺激ある生活をしていきたいので,どんな分野であっても相談をしに来てください。

ページトップへ

アディーレ法律事務所