スマートフォンサイトはこちら

弁護士 矢野 沙織のご紹介

矢野 沙織

矢野 沙織 (やの さおり) 名古屋支店

資格
弁護士
所属
愛知県弁護士会
出身
岐阜県
出身大学
慶應義塾大学総合政策学部
中央大学法科大学院
所属委員会等
隣接士業に関する特別委員会
高齢者・障害者総合支援センター運営委員会

ご挨拶

矢野 沙織

誰にでも,自分の力だけで乗り越えるのが困難な試練が訪れることがあると思います。そんなときに,相談したい,頼りたいと思ってもらえる弁護士でありたいです。
 たった一度きりの人生を悔いのないものにするために,どんな状況であっても逃げ出したり諦めたりせず,一緒に解決策を考え乗り越えていきましょう。ひとりで抱え込まず,まずはご相談ください。

私のキーワード

矢野 沙織

その1 「シングルマザー」

 私は,ひとり息子を持つシングルマザーです。無職の状態でシングルマザーになりましたが,周囲の人たちのサポートのおかげで弁護士資格を取得することができました。随分と回り道をしましたが,こうして弁護士として仕事ができることに,日々感謝しております。
 私が困っていたときに手を差し伸べてくれた人たちのように,私も困っている人,苦しんでいる人の力になりたいと思っております。依頼者の方から信頼し,頼られる弁護士になれるよう,日々精進していきたいです。

その2 「エレクトーン」

 5歳からピアノを習い始めて7歳でエレクトーンに転向し,15歳までエレクトーン教室に通っていました。結構長く習っていた割に大して上達もせず,人様にお聴かせできるような腕前ではありませんが,好きだったので,楽しんで弾いていました。ただし,練習は嫌いでした。
 私の息子も5歳の頃からエレクトーンを習い始めたのですが,私に似ることなくめきめきと腕を上げ,全国大会出場を目指すようになりました。そんな息子の夢が私の夢になり,日々練習に励む息子を全力でサポートしております。息子の夢が叶うよう,一緒にがんばっていきたいです。

その3 「フィギュアスケート観戦」

 フィギュアスケート観戦が大好きで,テレビで放送されるとかじりついて観ています。伊藤みどりさんが現役で活躍していた頃にフィギュアスケートの魅力にはまり,それ以来ずっと観戦し続けてきました。特に,浅田真央選手,羽生結弦選手が大好きです。両選手の演技を観ているだけで,幸せな気分になります。
 私自身は小学生の頃にスケート場に数回行ったことがある程度で,まったくと言っていいほど滑ることができませんが,だからこそあんな風に氷上で軽やかに演技する姿に憧れます。いつか会場に行って,生で観てみたいです。

ページトップへ

アディーレ法律事務所