スマートフォンサイトはこちら

弁護士 吉岡 一誠のご紹介

吉岡 一誠

吉岡 一誠 (よしおか いっせい) 

資格
弁護士
所属
東京弁護士会
出身
兵庫県
出身大学
関西学院大学法学部
甲南大学法科大学院

ご挨拶

吉岡 一誠

トラブルを抱えているときには,常にその事が頭から離れず,いつものように笑顔になれなかったり,家事や仕事が手につかなかったりなど,大変苦しい精神状態に置かれるものです。私たち弁護士は,法的トラブルを抱えて悩んでいる皆さまが,一日も早く笑顔を取り戻せるように,全力でサポートいたします。病気と同様に,法的問題についても,早期発見・早期対応が大切ですので,何かすこしでも悩みごとがあれば,お気軽にご相談ください。

私のキーワード

吉岡 一誠

その1 「海外文学」

 私は,高校生のときに,ヘルマン・ヘッセの「車輪の下」を読んだことがきっかけとなり,海外文学にハマりました。主にドイツ,フランス,ロシアの文学作品を好んで読みますが,私がもっとも好きな作家は,「トム・ソーヤーの冒険」,「ハックルベリー・フィンの冒険」などで有名なマーク・トウェインです。彼の作品には,ユーモアに溢れたものが多く,読んでいて大変楽しい気分になります。人は,お腹の底から笑っているときには,不安や悩みが飛んでいって,非常に幸せな気持ちになるものだと思います。話している相手にすこしでも多く幸せな気持ちになってもらえるよう,私もユーモアのセンスを磨いていきたいと思います。

その2 「絵画」

 描くことはできませんが,見ることが好きで,休日にふらっとひとりで美術館に行くこともあります。好きな画家はクロード・モネです。私が司法修習生の頃,ある裁判官から,優れた法律家になるためには,知性を磨くだけでは足りず,感性を養うことも必要であるとご指導を受けました。絵を見て何かを感じる。そのような感性を,今後も大切に育んでいきたいと思います。

その3 「健康管理」

 健康管理を適切に行うことは社会人として当然のことですが,心身の健康を保つことは意外と難しいことだと思います。私は日頃から,食事・睡眠・ストレスを適切に管理・調整することに努めています。外食の際にも野菜を中心にバランスのよい食事を心掛け,1日6時間は睡眠を取るようにしているほか,ジムに行くなどして適度な運動をするようにしています。私のストレス解消法は,銭湯やスパに行ってサウナに入ることです。オススメの銭湯やスパがあれば,ぜひ教えてください。

ページトップへ

アディーレ法律事務所