事務員からのメッセージ

事務員からのメッセージ

ある日の仕事のスケジュール

9:00 出勤 朝一番にメールをチェックします。前日までの業務や1日のスケジュールも確認します。
10:00 午前の業務
  • 相談者の方の対応(来所や電話でご用件を伺い,弁護士との相談日時を予約するなど)
  • 事務作業(報告書の作成,顧客ファイルの作成,書類や通知書の発送など)
12:00 昼食 法律相談のスケジュールはその日によって異なりますので、お昼の時間はまちまちです。上手く調整するようにしています。
13:00 午後の業務
  • 相談者の方の対応(電話でお問い合わせに対応し,弁護士との相談日時を予約するなど)
  • 事務作業(報告書の作成,顧客ファイルの作成,書類や通知書の発送など)
  • 上司や関係各部署への報告業務
  • 経理・出納業務
午前,午後を通じ1日で10名前後の相談者の方に対応しています。
18:00 退勤 明日のスケジュールを確認してから退所。残業はあっても,30分~1時間以内ですね。

ひとりの人間としても勉強になることがたくさんあります

仕事風景

私は今,大宮支店で働いています。支店によって異なる部分もありますが,支店勤務の事務員は,相談者の方への対応を中心に,情報や出納,施設の管理なども行っています。弁護士と二人三脚で各地域の相談者の方と向き合う業務は,はじめは大変かもしれませんが,応対フローや数ヵ月間の研修期間がありますので、未経験者の方も心配なく仕事に取り組み,成長することができますよ。
気になったので調べてみたのですが,1年間で約700名の相談者の方にお会いしていました。そして,その700名が抱えているお悩みは一人ひとり異なります。皆さまの経験や体験をお伺いすることは,法律事務として成長するだけでなく,ひとりの人間としても勉強になることがたくさんあります。多方面で自己成長できる職場だといえますね。

パパの育児休暇を取得。イクメンに理解があります!

プライベートなことではありますが、私には2人の子どもがいます。そして2人目の子どもが産まれた際,巷で話題のいわゆる“パパの育児休暇”を取得しました。私以外にも育休を取得した男性事務員がおり,“言い難い”,“変な目で見られる”といった『壁』はいっさいありません。おかげで,無事に産後の妻のサポートをすることができました。
皆さんがこれまでに働いていた職場に“パパの育児休暇”を取得したいと伝えたらどのような対応だったと思われますか?イクメンに寛容な職場で本当によかったと思っています。

キャリア採用情報

ページトップへ

アディーレ法律事務所