事務員からのメッセージ

事務員からのメッセージ

相手が幸せになれる方法を考えることは法律事務所の仕事も同じ

仕事風景

前職では人材紹介会社でキャリアコンサルタントをしていました。異業種への転職でしたので,はじめは戸惑いの連続でしたが,ある時に気が付きました。「相手が幸せになれる方法を考えることは法律事務所の仕事も同じだな」って。依頼者の方がどうしたら幸せになれるのかを常に考えて行動することで,事務所も私自身も日々成長していくのだと思います。

主体的に動くことが求められる仕事です

離婚問題や浮気・不倫の慰謝料のご相談を受ける部署で課長をしています。最近は,不倫ドラマなど,メディアで多く取り上げられていることから,慰謝料のご相談が多く寄せられています。
私たちの仕事は,弁護士秘書ではなく,したがって指示待ちの事務ではありません。業務フローという枠はありますが,基本は自ら主体的に動くことで,より多くの依頼者の方の期待に応えられるように取り組んでおり,そのため業務改善のアイデアや意見は大歓迎です。自ら課題を見つけ取り組める人は,仕事の幅がどんどん広がっていきますよ!
私たち事務員が法的サポートをすることはできませんが,事務の立場から全国展開する弁護士事務所の組織づくりに参加し,依頼者の方が安心して依頼できる環境をつくることで社会に貢献することができます。大げさかもしれませんが,事務所のキーパーソンといえるかもしれませんね。

意思決定も早く,スピード感もあり,結果をしっかり評価してくれます

弁護士事務所ではありますが,私たち事務員の取り組む仕事はベンチャー企業の組織づくりにも似ているのではないかと思います。意思決定が早く,スピード感もあるからです。自分の出した結果をしっかり評価してくれるのもうれしいですね。
職場環境も進化し続けており,働きやすさが増しているなと実感しています。働く人たちのことを考えてくれている事務所ですね。

キャリア採用情報

ページトップへ

アディーレ法律事務所