事務員からのメッセージ

事務員からのメッセージ

未経験の自分の将来像をきちんと聞いてくれた

仕事風景

私の場合,未経験からのスタートでした。前職は,無農薬・無添加食品を扱う会社の営業で,法律との関わりはゼロ。アディーレもテレビやCMで見たことがある程度でした。でも,学生時代に受けた法律の授業が面白かった記憶があり,募集要項に未経験でもOKと書かれていたので,思い切って採用面接に応募をしました。
そして採用面接でアディーレの大きな特徴を知りました。それは,自分の思い描く将来像を受け止めてくれる事務所だということです。中途採用の場合,面接で聞かれるのは,貢献できる経験やスキルが中心。つまり,「これまで何をしてきたか?」を知りたく,「これから何がしたいか?」という将来像は見てくれない職場が多いと感じていました。しかし,アディーレでは,法律業界の経験やスキルがない自分に,「これからアディーレで何がしたいか?」を聞き,好意的に受け止めてくれました。そのような風土のある職場に惹かれましたね。

こちらが恐縮してしまうくらい丁寧に教わりました

畑違いの仕事から転職し,知識も経験もありませんでしたので当たり前ですが,実際に働くと,わからないことばかりでした(笑)。ですが,周りの先輩にわからないことを質問すると,その都度,丁寧に教えてくれました。本当に親切で,こちらが恐縮してしまったぐらいです(笑)。同時に,働いていて気持ちのよい環境で,本当に未経験からのスタートでも大丈夫だと実感しましたね。

仕事の遅延はダメ。スケジュール管理やコミュニケーションが重要

債務整理の依頼者の方が債権者(消費者金融やクレジットカード会社)との間でどのような取引をしていたかを書類にまとめ,整理をする部署に所属しています。私たちの前にも後にも,業務を行う弁護士や事務員がいますので,周りのメンバーとコミュニケーションをとりながら業務を進めていくことが重要です。自分が仕事を遅らせてしまったら,周りのメンバーに影響が出てしまいますので,仕事の遅延はいけません。1件1件のスケジュールをしっかりと把握し,優先順位を見極めて業務に取り組んでいます。
今,私が思い描いている将来像は,債務整理で事務員が関わるあらゆる業務を理解することです。自分の担当業務ではなくても理解していることで,自分の業務にも活きると思っています。

キャリア採用情報

ページトップへ

アディーレ法律事務所